意外な事実も発覚!? 50周年を迎えた宮崎県民歌


県の歌があるのはご存知の方も多いですよね!

でも実際に聞いたことのある人は少ないかもしれません。そんな宮崎県民歌、2014年で制定50周年をむかえたそうです。

豚子的に驚き!もあった宮崎県民歌をまとめてみました♪

あの曲とのつながりも! 初代・宮崎県歌

現在の県民歌、実は2代目!

初代・県民歌は、神武東征2600年記念行事の一環として歌詞が一般から公募され、1934年にリリースされました。

作曲は巨人軍の球団歌

「巨人軍の歌 闘魂こめて」の方!

これを知って是非とも聞いてみたくなったのですがどこで聞けるのでしょう…

節目の年につくられた 2代目・宮崎県歌

0007656059R-849x565

現在の宮崎県民歌は、宮崎県が再置80周年を記念してつくられました。1964年6月30日には発表会も行われたそうです。

そしてなんと!!!

県民歌には振り付けもありました(笑)

(宮崎県ホームページがリニューアルされてからページが削除されてしまったようですが)運動会のフォークダンスを彷彿させる振り付けです・・・

知らなかった!九州初の試み

宮崎駅は九州で初!となる「県民歌の流れる駅」なのだそう。

50周年を記念して、制定された6月30日から1日5回、宮崎県民歌が駅構内で放送されています!

こちらがその駅構内での風景♪

宮崎県民歌、何かの時には歌えるよう(笑)作業用BGMにいれとこう、と思った豚子でした!


投稿者 宮崎豚子

宮崎豚子
宮崎県の豚ブランド知ってますか?宮崎ブランドポーク普及促進協議会というのがあって、県内養豚の活性化を行っています。牛だけではなく、豚もとっても美味しいんです。 【宮崎豚子の人気記事はこちら】 宮崎は2年連続1位!いい子が育つ全国ランキング