宮崎に移住する前に:お試し滞在で感じる 宮崎の自然と人のあたたかさ。

宮崎駅

温暖な気候にめぐまれた住みやすい場所「宮崎」豊富な食材がそろい、物価も安い。そんな宮崎へ移住定住する人向けのお試し滞在施設があります。住まいや仕事、雰囲気などを感じられるお試し滞在施設をまとめました。

お試し滞在施設で田舎暮らしを体感

日南市

宮崎県では、小林市、西都市、高原町、日南市でお試し滞在施設を利用できます。お試し滞在施設は、移住希望者が住まいや仕事の情報を収集するために短期滞在する施設です。利用するためには、施設を提供している市や町へ申請が必要です。

充実の設備で快適な滞在を。小林市

風呂(シャワー付)、水洗トイレ、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、掃除機、炊飯ジャー、エアコン(1台)、液晶テレビ、ローテーブル、布団(掛・敷布団・毛布・まくら)2組、ガスコンロ(プロパン)、電気ケトル、フライパン、なべ などの生活用品がそろった市営一般住宅の一部を貸し出しています。

使用期間は14日間。1日、1室1000円で入居が可能。室内は明るく開放的で、洗濯物はベランダに干せます。設備が充実していることが小林市が提供するお試し滞在施設の特徴です。

人とかかわり自然にふれあえる 西都市のお試し滞在施設

農業が盛んな西都市は、一日6500円の宿泊費に対し、5000円まで2泊分助成を受けられます。西都市の移住定住を目的とし、住居探しや仕事探しを行う人が対象です。

移住に対するアドバイスを聞いたり、市職員や宅建業者が住居探しや仕事探しに同行するので安心して探せます。宿泊は、農家民宿で、田植えやこんにゃく作り、ピザ焼き、野菜の収穫、畑の手入れなどを体験できます。

移住者には支援金を交付。高原町の取り組み

皇子原公園

皇子原公園のバンガロー施設に1人1泊2000円で宿泊できます。この他、レンタカーも借りられるので、買い物や外食に出かけるのに便利です。

また、移住支援金や住宅取得支援金、など移住定住にむけて支援金を交付しています。

不安も希望にかわる日南市のお試し滞在

移住促進住宅を3日以上10日間まで利用可能。使用料金は1日500円です。

また、日南市に移住した住民による「日南市移住の会」があり、情報交換や交流を行っています。さらに、移住を希望者の相談窓口としての役割も果たしています。わからないことは相談できるので、安心して新生活をスタートできます。

本当はこんな暮らしがしたかった!

自分らしい生活、納得する田舎暮らしをするために宮崎へ移住してきた人が感じる澄んだ空気とのんびりとした雰囲気。休日には、サーフィンを楽しむサーフィン移住者が集う海。暮らしとは何か、幸せとは何か、宮崎でその答えを見つける人が増えています。

参照元:あったかみやざき暮らし/宮崎観光情報旬ナビ/小林市/西都市定住サイト/高原町移住窓口/日南市

投稿者 宮崎地鶏

宮崎県のランキング 宮崎のお店では地鶏の炭火焼(もも焼き・むねみ焼き)大手羽(焼き・揚げ)の他にも鶏レバー、むね、ズリ、ささみのお刺身も味わえます!そして宮崎で絶対に食してもらいたい「せせり」もあります。