宮崎県の食べあるきのシメは、おだまきの釜揚げうどんに決まり!


IMG_7843
宮崎県ぐるめ部部長のみやざきゴリラです。
宮崎県民は、シメに釜揚げうどんを食べます。

なぜ釜揚げうどん(かまあげうどん)と呼ぶかというと、麺を茹でた釜からすくい上げたものをすぐに食べるから、「釜揚げ」と呼ばれているそうです。(Wikipedia参考)。釜で茹でるんだなぁ。

宮崎県のみならず、徳島県を中心とした四国地方などで多く食されているそうです。どういう経緯で、宮崎県にこれだけ浸透したのかは、謎です。ダレか教えて。

釜揚げうどんは、「戸隠」「重乃井」「岩見」等様々な釜揚げうどんのお店があります。

その中でも私のお気に入りの、おだまきの釜揚げうどんを紹介します。

おだまきの釜揚げうどんは、チュルっとして食べやすい

IMG_7856

あくまで、個人的な感想ですが、他のお店とくらべて、おだまきは、チュルっと口の中に入ってきて、食べやすいのが特長のように思えます。とてもライトな口当たりが、大好きです。

つゆは、カツオベースのさっぱり醤油仕立てかな?

IMG_7853

つゆもさっぱりしていて、見栄えが良いです。これは、最後に、うどんにいれて、スープとして飲んだりする人もいるようです。

釜揚げうどん、うまそっっっっっっっっっっっっっっっっっっぉーーーーーーー

IMG_7859

初めて、あがりたての釜揚げうどんを見た人は、こんな感じになります。
平林記者は、3つ食べるぞ!という勢いで、注文していました。さすがです。

美味い!美味い!美味い!

IMG_7863

ここまで、来ると、おだまきは、待ってくれません。
まるで、アイススケートを滑る選手のように、口の中に釜揚げうどんを頬張り続けます。
そして口の中では、茹でたての釜揚げうどんが、3回転半を繰り出すのです!

IMG_7862

平林記者は、あやうく釜揚げうどんの汁に飲み込まれそうになったので、髪を掴んで、助けてあげました(・∀・)。釜揚げうどんに夢中になると、汁地獄にはまっていくのです!

最後にスープとつゆを混ぜて、ぶっこむ

IMG_7870

釜揚げうどんの麺を食べ終わったら、すかさず、つゆとスープをまぜて、一気に飲み干す!これが通の味!

IMG_7866

食べ終わったあとは、こんなふうに放心状態になります。夜は、2時くらいまで、お店は、ワイワイガヤガヤしています。

宮崎県に遊びに来た時は、是非、釜揚げうどんの食べ比べなんかしてみてもらえると面白いと思います!そんじゃねーー!

織田薪 本店 (おだまき)
TEL:0985-27-9984


投稿者 宮崎てげてげ通信ライター

宮崎てげてげ通信ライター
宮崎県内の地元の人だからこそ知っているおすすめの「グルメ」「観光」情報を軸に、地域の安全安心につながる情報の提供にも取り組んでいきます。 人気記事ランキング
Translate »