【宮崎県は全国で1番スナックが多い】DEEPな繁華街ニシタチ雑学


宮崎市内にある「ニシタチ」。お酒が飲める年になった県民ならば一度は訪れたことがある!?ニシタチのトリビアをまとめてみました。

宮崎最大の繁華街「ニシタチ」

10915325_316673708541955_9181835782502152825_n

ニシタチは意外と広範囲を指している

西橘通りだけではなく、中央通り、西銀座通り、恵比寿通り、高松通りも「ニシタチ」の範囲。

柳の並木は銀座をまねたもの

昭和52年に銀座の柳を模した形が完成。以後、整備されながら今の形になりました。

昔はニシタチにもおいらんや芸者がいた

ニシタチ界隈にもおいらんや芸者たちが居た「置屋街」があったのをご存知ですか??最後は今の末広、医療センター付近にあったそうです。(おいらん道中 より)

昨年までに5回の「おいらん道中」イベントが開催されています。

宮崎県内で最初にオープンしたバーがある

県内で初めてできたバーとされているのがニシタチにできた「赤煉瓦」。赤煉瓦の建物が特徴的なこちらのバーは昭和31年に開店。当初は木造2階建ての建物でスタートしたそうです。(参考: サントリー バランタイン バーテンダー物語

ニシタチの街灯の形はカクテルシェーカー&リサイクル

西橘通約200メートルが整備された際に新しくなった街灯はカクテルシェーカーの形を模したもの。さらに街灯の柱にはビール瓶やウイスキー、焼酎ビンのガラスがリサイクルされています。

同時に宮崎にゆかりのあるスポーツ選手の手形が押された「手形モニュメント」がつくられました。

ニシタチ霧島フラッグがかっこいい

2001年から霧島酒造株式会社が開催している「ニシタチ霧島フラッグ」。

宮崎県内のデザイナーにより募集された「春夏秋冬」のデザインが描かれたフラッグが西橘通の街路灯に下げられています。(参考: 霧島酒造株式会社平成 26年度 ニシタチ霧島フラッグデザイン

昭和天皇皇女がお忍びで地鶏を食べられた店がある

宮崎県が新婚旅行のメッカとしてブームになったきっかけを作られた昭和天皇の皇女である島津貴子さん。

島津夫妻は宿舎の宮崎観光ホテルをひそかに抜け出し通称ニシタチ通の「丸万」へ、鶏(とり)のもも焼きを食べに行かれたのである。このことが話題になって、宮崎地鶏(じどり)のもも焼きが一躍有名になった。(宮崎県ホームページ 宮崎の味と花101より)

DEEPな繁華街ニシタチ

まだまだいろんなトリビアが発掘できそうなニシタチ。これからも、ますます県民に愛される界隈として進化していってほしいです♥︎

参考サイト: ニシタチまちづくり協同組合

おまけ:全国で一番スナックが多い宮崎県

bar-209148_640

NTTタウンページが調べたデータ※1によると国内でスナックの数が多い県トップ3はこちら。

1位 宮崎県

2位 沖縄県

3位 青森県

  1. タウンページデータベース 統計データ「日本全国ランキング」今、スナックが一番多いのは何県?
    全国約850万件(2010年10月現在)のデータを約2,000業種に分類した「タウンページデータベース」の中から業種分類「スナック」を対象として抽出し集計。2010年10月時点で「タウンページデータベース」に登録されている件数を集計した上で算出。掲載情報は2011年5月時点のものです。

データは2010年10月時点のものですが、2009年から2010年までに新規開店されたスナックの数第1位も宮崎県!さすが焼酎と人情の県・宮崎(笑)です!


投稿者 宮崎豚子

宮崎豚子
宮崎県の豚ブランド知ってますか?宮崎ブランドポーク普及促進協議会というのがあって、県内養豚の活性化を行っています。牛だけではなく、豚もとっても美味しいんです。 【宮崎豚子の人気記事はこちら】 宮崎は2年連続1位!いい子が育つ全国ランキング