EXILE GYMによるダンス振付/指導! 宮崎県が舞台のダンス映画まとめ


参照元:You Tube
古事記編纂1300年を迎えた2012年から日本書紀編纂1300年を迎える2020年に向けてますます盛り上がる宮崎県の「神話のふるさと」ブランディング。

「神話」「ダンス」「子ども」がキーワードの映画「神話の国の子どもたち」(3月21日宮崎で先行上映)についてまとめてみました。

映画を見る前にここをチェック!

舞台は神話の時代の宮崎県

天孫降臨の地、宮崎県。映画は神様がいた頃の宮崎県が舞台になっています。

映画のキャストは子どものみ!?

天照大神(アマテラスオオミカミ)は、海幸彦・山幸彦だけでなく、日向の大人すべてを子供に変えてしまった。(神話の国の子どもたちオフィシャルサイト)

あらら・・・ということで (笑) 映画に出演するキャストは子どもたち。

オフィシャルサイトのキャスト紹介のページは見事に子どもだけで構成されています!

EXILE GYMによるダンス振付・指導

この映画の特徴と言えるのがダンス。振付や指導を行ったのはEXILE PROFESSIONAL GYM!

EXILE PROFESSIONAL GYM宮崎校の中からもダンサーとして出演した生徒さんがいるみたいです。

子どもが演じてるけど中身は大人だから愛憎劇も!

海幸彦と山幸彦がストーリーの中心となるこの映画。

実際の神話の話もおりまぜながら兄弟間の争いや姫との恋の話などが展開するそう。

色んなところでダンスしてる

青島神社、西都原などロケの行われた様々な場所でダンスをしている動画が公開されています。

赤い青島神社本殿をバックに、西都原の古墳をバックに・・・と海幸彦、山幸彦、神話ゆかりの地で踊る子どもたちの姿は斬新です。

参照元:You Tube

参照元:You Tube

3月21日 宮崎県と鹿児島県で先行上映

協賛・支援には宮崎県下、鹿児島県下の企業が名を連ねています。

昨年夏に撮影が始まり、12月には宮崎セントラルシネマで完成披露試写会も行われた「神話の国の子どもたち」。

先月公開された予告編はこちら!

参照元:You Tube

おまけ:「浦島太郎」物語発祥の地は宮崎県!?

神話の中で、海の神様「ワタツミ」の娘であるトヨタマヒメと山幸彦はお互い一目惚れで結ばれますが、2人が出会ったトヨタマヒメの住んでいたワタツミの宮が竜宮城であるという言い伝えもあります。

竜宮城から帰ってきて山幸彦が暮らした跡地が現在の青島神社であり、1月に行われている青島の「裸参り」も山幸彦を迎えた村人たちが慌てて裸で海に飛び込んだことを発祥としているのだそう。

参照元:ひむか神話街道


投稿者 宮崎豚子

宮崎豚子
宮崎県の豚ブランド知ってますか?宮崎ブランドポーク普及促進協議会というのがあって、県内養豚の活性化を行っています。牛だけではなく、豚もとっても美味しいんです。 【宮崎豚子の人気記事はこちら】 宮崎は2年連続1位!いい子が育つ全国ランキング