宮崎県串間市・都井岬の馬がめちゃすごかった件


宮崎県串間市の最南端にある都井岬。都井岬の馬たちってすごいんです!ということで都井岬の御先(みさき)馬のおはなし。

日本に8種しかいない日本在来馬のひとつ

japan-503428_640

日本には「日本在来馬」※とされる馬が8種いて、日本各地に生息しています。

<日本在来馬>
北海道和種 (北海道)、木曽馬 (長野県・岐阜県)、御崎馬 (宮崎県)、対州馬 (長崎県)、野間馬 (愛媛県)、トカラ馬 (鹿児島県)、宮古馬 (沖縄県)、与那国馬 (沖縄県)

※外来の馬種とほとんど交雑することなく古来の姿を残す日本固有の馬

そのうちの一つが宮崎県串間市都井岬に生息する「御先馬」です。

日本在来馬の中で唯一の国指定天然記念物

flag-32177_640

在来馬8種の中で、更には馬で国の天然記念物に指定されているのは御先馬のみ。1958年に指定されました。

御崎馬の大きさは体長・体高ともに130㎝程のポニー型で、日本在来馬の中では中型とされているのだそう。

始まりは高鍋藩の牧場

c24ddf547eb29a8d75a1591063282acc_s

筑前 (現在の福岡県)から移された高鍋藩秋月氏が拠点としていたのが宮崎県串間市。

高鍋藩の御用馬を生産するために放牧していた馬が半野生化し、都井岬の御崎馬となりました。

その縁をもとに、高鍋町と串間市は姉妹都市となっています

参照元:高鍋町ホームページ 高鍋町の姉妹都市

300年以上もの間自然の中で生きてきた馬たち

e4b4d495792e46d8cf366ef5b17c13c5_s

1967年に高鍋藩秋月氏が牧場を開いてから300年以上の間、人の手が入らず、繁殖も自然にまかされ生き続けてきた御先馬。

ピーク時には122頭、平成25年の統計では91頭が生息しています。※

参照元:日本馬事教会 日本在来馬について

話題のテレホンカード「心はもう、パラダイス!」

突っ込みどころは満載ですが・・・古き良き時代的な・・・ということで。(笑)

御崎馬に会える都井岬には「日本の灯台50選」に選ばれた都井岬灯台もあります。

都井岬と野生馬がおりなす景色はまさに絶景。宮崎県の中央からはちょーっと遠いですが、宮崎県に来たら是非とも訪れたい場所の一つです。


投稿者 宮崎豚子

宮崎豚子
宮崎県の豚ブランド知ってますか?宮崎ブランドポーク普及促進協議会というのがあって、県内養豚の活性化を行っています。牛だけではなく、豚もとっても美味しいんです。 【宮崎豚子の人気記事はこちら】 宮崎は2年連続1位!いい子が育つ全国ランキング