宮崎の洞窟内神社3選: 今と昔を繋ぐパワースポット


天安河原1参照元:高千穂峡観光協会

夏はひんやり、冬は暖かさを感じる洞窟内にひっそりと佇む神社が宮崎にはあります。

神話や古代の歴史にまつわるスポットの多い宮崎ですが、神社のある場所も神秘的。

洞窟内にある神社は全国でも珍しく、洞窟内に差し込むやわらかな光が神社を照らし、洞窟内ならではの荘厳な風景が広がります。心洗われる美しい世界。自然の神秘に魅了され、訪れる人が後を絶ちません。

鵜戸神宮:日南市

鵜戸神宮参照元:宮崎観光情報旬ナビ

日向灘の断崖絶壁に佇む「鵜戸神宮。」鵜戸神宮の本殿は、海に面した断崖の洞窟内にあります。洞窟周辺は、かつては、霊域として神職以外の立ち入りを禁じていたこともあったようですが、今は、だれでも気軽に参拝できるようになっています。

概要

住所:日南市大字宮浦3232番地
アクセス:油津駅から距離12km(車で20分)
[mappress mapid=”348″]

祇園神社:日南市

砂浜と海の景観が美しい日南「梅ヶ浜」にある祇園神社。薄暗い洞窟の奥に社殿がたっており、龍神が祀られています。静寂で薄暗く、足を踏み入れるのに少し勇気がいります。海難・水難などの災難から守る神として知られています。ひっそりと願かけしたい場合にぴったりの場所です。

概要

住所 宮崎県 日南市油津梅ヶ浜
アクセス 臨港道路大藤・梅ヶ浜線、広渡橋を渡ってすぐ左。
[mappress mapid=”352″]

天岩戸神社:高千穂町

天安河原
参照元:宮崎観光情報旬ナビ
東国原英夫氏が、かつて宮崎県知事選挙への出馬を迷っていたころ、天安河原で天の声のようなものをきき、出馬を決意したそうです。どうすればよいかわからない窮地に立たされた時、訪れると、進むべき道がみえてくるかもしれません。全国から願事がかなうと信仰があり、古事記にも八百万の神々が集まって相談した場所として記されています。

概要

住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町大字天岩戸1073-1
アクセス 宮崎空港より車約3時間
[mappress mapid=”353″]

静けさのなかで心に響く「天の声」

探検しているような気分になる洞窟内。洞窟にひっそりと佇む神社。ただそこにあるというだけで神秘的な雰囲気を感じます。息をひそめて、そっと耳を澄ましてみると、どこからか聴こえる「天の声。」別世界へ迷いこんだ気分にさせるのは、ここが「神話のふるさと」だからに違いありません。

参照元:鵜戸神宮/天岩戸神社/日南市ナビ


投稿者 宮崎地鶏

宮崎地鶏
宮崎県のランキング 宮崎のお店では地鶏の炭火焼(もも焼き・むねみ焼き)大手羽(焼き・揚げ)の他にも鶏レバー、むね、ズリ、ささみのお刺身も味わえます!そして宮崎で絶対に食してもらいたい「せせり」もあります。