天孫降臨 神の住む街 高千穂町の癒しパワースポット3選


高千穂峡参照元:高千穂峡観光協会

新入社員や新入生などがゴールデンウィーク明け頃に心身の不調を感じることを一般的に「5月病」と呼びますが、新入社員や新入生だけでなく部署移動や転職などで新しい環境への適応が難しい中高年も「5月病」になりやすいといわれています。

リフレッシュの方法は人によって異なりますが、パワースポット巡りも気分をリフレッシュする方法の一つではないでしょうか。宮崎県「高千穂町」には、気分転換にぴったりな観光名所がいくつかあります。

国見ヶ丘:雲だめしご栄光ツアー

国見ヶ丘参照元:高千穂峡観光協会

秋から初冬にかけて本格的な雲海をみることができる場所として名高い「国見ヶ丘」ミシュラン・グリーンガイド・ジャポンで一つ星を獲得したこの場所は、高千穂の山々や町並み棚田の風景を見られます。

さらに、ここから眺める阿蘇五岳が、「お釈迦さまが横たわっている姿」にみえることから、「阿蘇の涅槃像」ともよばれ、人気のパワースポットになっています。

高千穂観光協会の「雲だめしご栄光ツアー」が、2015年09月30日まで開催されており、高千穂内の宿泊施設までタクシーまたはジャンボタクシーの送迎付き。高千穂名物しいたけ茶のサービスもあります。

時期にあわせて出発の時間は異なりますが、5月1日~5月15日の間は、5:00 に出発。時間は約1時間。早起きしてご栄光を楽しみ、自然のパワーを感じられるツアーです。

概要

住所 高千穂町大字押方71-3
アクセス 高千穂バスセンターから車で15分
[mappress mapid=”358″]

あまてらす鉄道:感じる高千穂の風

あまてらす鉄道参照元:高千穂峡観光協会

あまてらす鉄道は、2008年に廃線となった旧高千穂線の線路上を走る観光鉄道。鉄道橋としては日本一の高さを誇る高千穂鉄橋を通り、時速15㎞でゆっくりと走行するため、沿線の景色やトンネル、高千穂鉄橋からのながめを存分に楽しめます。

春には山桜、夏には涼風、秋には紅葉と四季折々の雄大な風景が広がります。30分の絶景の旅。スーパーカートに乗り込めば、気分爽快。

概要

住所 高千穂町大字三田井1425-1 旧駅舎内 
アクセス 高千穂駅⇔高千穂鉄橋
料金 高校生以上 1,200円
小中学生  700円
未就学児  300円
[mappress mapid=”359″]

天岩戸神社:春季大祭

天岩戸神社参照元:高千穂峡観光協会

天岩戸神社の西本宮にて「天岩戸神社春季大祭」が5月2日・3日に行われます。5月2日に式典が行われ、2日と3日に天岩戸神社境内の神楽殿で神楽が奉納されます。

天岩戸神楽の拝観には事前に予約が必要で、拝観できるのは、手力・鈿女・戸取・酒こし 4番、時間は約30分で拝観料 28,000円です。

概要

住所 高千穂町岩戸1073-1
アクセス 高千穂バスセンターから車で15分
[mappress mapid=”360″]

高千穂峡で過ごす癒しのひととき

ストレス社会の今、5月病は新入社員だけの病ではありません。マイナスイオンが降り注ぐ高千穂町は、神秘的な場所であり、心に安らぎと癒しを与えてくれるパワースポット。ここにくれば、モヤモヤ気分もすっきり爽やかに!

参照元:えん乗り/高千穂峡観光協会


投稿者 宮崎地鶏

宮崎地鶏
宮崎県のランキング 宮崎のお店では地鶏の炭火焼(もも焼き・むねみ焼き)大手羽(焼き・揚げ)の他にも鶏レバー、むね、ズリ、ささみのお刺身も味わえます!そして宮崎で絶対に食してもらいたい「せせり」もあります。