流しそうめん発祥の地は宮崎県の高千穂峡! 流しそうめんのチャレンジがすごい


流し素麺

子供の頃に一度は体験したことのある夏の風物詩・「流しそうめん」。この発祥は宮崎県・高千穂峡なのだそう。日本中で愛される「流しそうめん」のチャレンジがすごい件まとめてみました。( ´ ▽ ` )ノ

野良仕事の間の食事として始まった「流しそうめん」

高千穂峡13

昭和30年頃に宮崎県・高千穂峡が発祥として始まったとされる「流しそうめん」。野良仕事の最中、暑い夏の食事として青竹と岩清水で食べたのが流しそうめんの始まりとされているのだそう。
参照元:千穂の家

現在でも、昭和30年当時から創業する元祖・流しそうめんが食べられるお店が高千穂峡にはあります。
レイザーラモンHGが高千穂峡に来て「流しそうめん」食べてたそうな-高千穂/そうめん

今は高千穂峡のライトアップと一緒にも楽しめるみたいです

いよいよ明日(7/18)から高千穂峡のライトアップが始ります。高千穂峡での夕涼みは如何でしょうか?

Posted by 千穂の家グループ on 2015年7月16日

「流しそうめん」じゃなくて「そうめん流し」もある

そうめん流し参照元:Amazon そうめん流し器

高低差を利用した「流しそうめん」ではなく、くるくる回る「そうめん流し」が発祥とされているのは鹿児島県。

家庭用のそうめん流し器は、キャラクターものから光るものまでたくさん発売されています。

ギネス記録も! 流しそうめんのチャレンジがすごすぎる

麺1本が到達! ギネス記録申請の「世界一長い流しそうめん」

参照元:You Tube

昨年の夏に熊本県菊池市で行われた「世界一長い流しそうめん」のチャレンジでは、2011年京都で出された記録を超え、3328.38mの新記録と達成。

わずが1本の麺が下りきり記録更新となったそう。
参照元:朝日新聞2014年7月28日の記事

高低差が世界一の265m! 「伊右衛門の夏プロジェクト」

サントリー「伊右衛門」や世界流しそうめん協会が協賛した「高低差世界一流しそうめん- 伊右衛門の夏プロジェクト-」が7月19日に徳島県で開催されました。

その高低差は世界一となる265m! 同時に距離3,250mも達成したのだそう。
参照元:伊右衛門の夏プロジェクト


投稿者 宮崎豚子

宮崎県の豚ブランド知ってますか?宮崎ブランドポーク普及促進協議会というのがあって、県内養豚の活性化を行っています。牛だけではなく、豚もとっても美味しいんです。 【宮崎豚子の人気記事はこちら】 宮崎は2年連続1位!いい子が育つ全国ランキング