宮崎県綾町に10億円のふるさと納税が集まった3つの理由


P7140350
宮崎県綾町。有機農業で全国的なこの町は、実は「ふるさと納税」の先進地域だ。

2015年4月1日の税制改正により、控除額が2倍になるなど、更に使いやすくなったふるさと納税。

インターネットの検索キーワードでも右肩上がりを続けており、注目度の高さが伺える。

綾町は2014年度の申込額が「10億円」を超えた。

綾町が2008年にふるさと納税を開始した際は約300万円だったにも関わらずだ。10億円もの金額を集めた理由は何なのか。

ふるさと納税係の小崎将司さんにお話を伺った。

スタートダッシュが効いた。誰も気づいていないから攻める

aya-furusato2
ふるさと納税は、その魅力に、すでに気づき動き出している地域がありました。
そして、その動きに気付いたのが僕たちでした。

綾町には歴史がある。だからもっとPRをすれば集まるはずだ、と考えてスタートしました。

当時インターネットではPRしているところがまだ少なかったので、インターネットで広報していきました。

ふるさと納税のポータルサイト「ふるさとチョイス」に特集を掲載していただいたのが大きな動きの最初です。

ネットからの申込が7〜8割を超えてくると、どんどん寄付金が集まる状況になってきて、それが新聞に取り上げられて更に集まってという循環に繋がりました。

他の自治体がやっていないことをやる!

ソラシドエア
他の自治体も多くがふるさと納税を活用しだすと、お返しの特産品合戦になってきました。綾町も、町の特産品をおくっていたのですが、「これで良いのかな」という思いもありました。

そこで綾町を旅するプランを追加しました。

綾町はユネス コエコパークにも指定されてるし、有機農業の町でもある。一回綾町に来てもらったらファンになってくれるはずだという自信があったんです。

そうすると50件ほど申込がありました。これが新しい取組ということで注目されました。

新聞やメディアで取り上げられたことで、「綾町は新しい取組をしている」というイメージができました。

今回も新しくふるさと納税の特設サイトをオープンしました。自治体から発信する取組を強化したいと考えています。

生産者の声を聞く。良いものだから広めたい

aya-furusato
産品を提供してくださる生産者さんの声をよく聞いています。

現場に行って、良いものを作っていらっしゃるという確信があるので、これだけやったら注目される、という気持ちでやっています。

生産者の声と、ふるさと納税してくださる方の声の両方を聞きながら、運営しています。

ふるさと納税係としても、ひとつのチームとして動いています。細やかな対応をしていただける縁の下の力持ちとして、臨時職員さんが活躍してくださってるおかげです。

2014年度の綾町へのふるさと納税申込者数は、5万5141件は全国1位の数字だ。この数字の背景には、

(1)スタートダッシュ
(2)他がやっていないことをやる
(3)声を聞く

という、一見当たり前のことが、しっかりと着実に行われているということがお伺いする中でわかってきた。

この姿勢からは、これからの自治体は「新しいことをやる」ということが大事だと気付かされる。

お金を集めることが目的ではありません

P7140355
綾町は平成26年度10億近い申し込みがありました。

それじゃ平成27年度は15億か?

とかよく言われるんですけど、

何億集めたかが目的じゃありません。

きっかけはなんであれ、綾町のことを好きになって欲しい。

行ったこともない、知り合いもいないけど、綾町は好きだよって言ってくれる人を増やしたい。

寄附件数や金額で全国1位を目指すのではなく、みんなが好きな町という面で全国1位を取りたい。

そう思っています。

最後に「ふるさと納税」に興味がある方へのメッセージをいただいた。

気軽に試してほしい。町に活かされている姿を問い合わせてください

P7140338
ふるさと納税は、自治体が特産品販売をしている通販のようなものです。

ただ通販との大きな違いは支払うお金が寄附金になるということ。

そして、その寄附金が町のために有効に活用されることです。

実際、寄附金の半分は事業者に渡され、もう半分は町のために使われる仕組みです。

だから自分が応援したい自治体や興味ある自治体に気軽にふるさと納税してみてほしいですね。

迷っている方は、ぜひ試してほしいと思います。

やり方が分からなかったら、その自治体のふるさと納税係に問い合わせてみてください。きっと丁寧に教えてくれるはずです。

九州3自治体担当者(平戸、玄海、綾) (1)
14億円集め金額全国1位になった平戸市、 11億円集め寄附金額全国2位になった玄海町の担当者と一緒に。

お話を伺った小崎さんは、他県の地方創生に係る職員とも連絡を取り合い、どうやって一人でも多くの方に綾町の魅力を伝えようかと日夜励んでいるそうだ。

「全国には地方創生のために日々頑張っているすごい人たちたくさんいる。その人たちに負けられません。」と笑顔で語る。

綾町が始める次の一手は何なのか。要注目だ。

関連リンク

綾町ふるさと納税 特別サイト
宮崎県綾町 ふるさとチョイス


投稿者 宮崎てげてげ通信ライター

宮崎てげてげ通信ライター
宮崎てげてげ通信の活動を通じて、人と人、内と外がつながる、人と企業が繋がる。そしてたくさんの笑顔が生まれることが私の夢です。 将来的には、宮崎県を愛する人が集まり、交流でき、そこから発信、創発が起きるような「てげてげ通信カフェ」ができれば嬉しいなと思っています。 2014年の人気記事をまとめ読み