わざわざ食べに行く価値あり!ランチタイム限定の激ウマ豚骨ラーメンーやけっぱち


やけっぱち外観
ついに、はみ出し者の称号をいただいたDiceです。
先日、宮崎県内のラーメン店はほぼ網羅したと豪語する麺師匠が、どうしても食べさせたいラーメンがあると言うので、連れられて行ってきました。
宮崎市から南に山あいを車を走らせること1時間余、到着したのは日南市北郷町の北郷総合支所近くにあるラーメン店「やけっぱち」
11時30分の開店まで、少し時間があったので、近所の「スーパーとむら」北郷店を覗いて時間を調整し、開店を示す暖簾が外にかけられたのと同時に入店。
店内は、中央に4人掛けのテーブル、右奥が6人掛けのカウンター、左奥が小上がりの座敷(10人ほど)で、前20席ほど。

 

5種類のラーメン

ラーメンのメニュー

ラーメンのメニューはこの5種類。
「にぼし」以外は豚骨スープ(「にぼし」も豚骨と魚介のWスープ)。
「ブラック」は焦がしニンニクを使った黒マー油仕立て。「レッド」は豚骨ベースのトマトラーメン。

最近、こってり系がきつくなったと言ってノーマルな「やけっぱちとんこつラーメン」(650円)を頼む師匠を尻目に、ここはやっぱり「やけっぱち濃厚ラーメン」(700円)をオーダー。
壁には替玉王者ランキングも貼られていたけど、通常は低糖質な食事を心がけている身としては、替え玉なんてもってのほか。乾坤一擲、この一杯に賭けるのです。

 

無化調豚骨スープへのこだわり

スープのこだわり

店内の張り紙が、スープへの並々ならぬこだわりを感じさせます。
豚骨と水だけ作ったスープに醤油だけで味付けの完全無化調。
塩分は控えめに仕上げ、客の好みに応じて調整してくれるという、丁寧さ。
いやが上にも期待が高まります。

 

やけっぱち濃厚ラーメン

やけっぱち濃厚ラーメン

しばし待つと、「やけっぱち濃厚ラーメン」の登場です。
スープは、「濃厚」の名に恥じず、ポタージュのような粘度でコラーゲンたっぷり。それでいて、変な臭みもなく、丁寧な仕事ぶりが感じられます。
最近、塩が立ちすぎているスープが多い中、ここのスープは塩加減も絶妙。後味のナチュラルさは、無化調の証でしょう。

中太縮れ麺
麺は、平打ちっぽく軽くウェーブのかかった中太縮れ麺。
隣の師匠の「とんこつラーメン」はストレートの中細麺。デフォルトはこの組み合わせですが、好みで選べるみたいです。
麺をしっかり味わいたい私にとっては、細麺より中太縮れ麺の方が嬉しい。

チャーシューも柔らかく、口の中でほろほろとほどけて行きます。
机上には、辛子高菜、紅しょうが、ニンニク醤油が用意されているので、途中で加えながら味の変化を楽しむのも一興。

いやー、驚きました。こんな田舎に(と言っては失礼かもしれませんが)、こんなにも美味いラーメン店があったとは。近所にあったら、必ずリピートしていますね。

 

系列店の「いじっぱり」(宮崎市)もあるよ

ご主人は、京都の名店「無鉄砲」の系列店「がむしゃら」で修行されたということですが、「無鉄砲」の創業者は宮崎の「風来軒」で修行されたことがあるということなので、宮崎ラーメンの系譜をしっかりと受け継いでいるラーメン店と言えるのかもしれません。

営業時間は昼間だけですが、ご主人はここを閉めた後、宮崎市内に移動して、夜は西橘で「いじっぱり」という鶏スープ専門のラーメン店を営業してらっしゃるんですよ。
こっちもレポートしなきゃ。

 

【やけっぱち】
営業時間:火~木 11:30~14:00、土・日・祝 11:30~14:30
定休日:月・金
住所:日南市北郷町郷之原乙2075-9
TEL:080-8383-0442


投稿者 Dice

Dice
2014年4月からテゲツー!ライターに参加。 趣味は料理で、2016年からフードアナリスト、2018年からは冷や汁エバンジェリストとしても活動中。 2020年4月に宮崎での7年間の単身赴任生活を終え、現在は東京・新宿にある宮崎県のアンテナショップを統括。 テゲツー!のアドバイザーで後見人的な人で、玄人受けするその記事にはファンも多い。