宮崎県観光Wi-Fiが始動! 公共Wi-Fiサービスが始まった宮崎県の観光名所はここ


8月25日にサービスが開始された「宮崎県観光Wi-Fi」。宮崎県がNTTと連携して展開されているこちらのサービス、まずは県内9箇所で提供が始まりました。( ´ ▽ ` )ノ

宮崎県観光Wi-Fiって?

携帯

外国人観光客などの受入環境強化をめざし、各自治体が県と連携、一体となって無料のWi-Fiサービスを利用できる環境を整備するもの。

今後も、2020年のオリンピック開催などに向け継続して展開されるのだそう。

Wi-Fiサービス開始の9箇所はこちら

鵜戸神宮

県内9箇所で開始された宮崎観光Wi-Fi。宮崎県内人気の観光スポット青島や鵜戸神宮、日南の飫肥など、外国人観光客に人気の高いエリアにも設置されています。

・えびの高原屋外アイススケート場
・宮崎県庁本館
・平和台公園
・青島
・飫肥城
・鵜戸神宮
・高千穂牧場
・高千穂大橋
・百済の里

「宮崎観光Wi-Fi」はJCfW対応! JCfWって!?

ipad

「宮崎観光Wi-Fi」はNTTが提供するアプリ「Japan Connected Free Wi-Fi」に対応し日本語、英語、中国語、韓国語の4言語での利用が可能です。

Japan Connected Free Wi-Fiはアプリをダウンロードすることで空港や駅、街中の様々なスポットで無料接続ができるサービス。

全ての機能を無料で利用することができ、1度の登録で全国どのエリアでも利用が可能。11言語に対応しているから外国人の観光客にも嬉しいアプリです。

詳細はこちらから。NTT Japan Connected Free Wi-Fi
参照元:NTT BP ニュースリリース 2015年8月25日


投稿者 宮崎豚子

宮崎豚子
宮崎県の豚ブランド知ってますか?宮崎ブランドポーク普及促進協議会というのがあって、県内養豚の活性化を行っています。牛だけではなく、豚もとっても美味しいんです。 【宮崎豚子の人気記事はこちら】 宮崎は2年連続1位!いい子が育つ全国ランキング