西日本で初めての実施「ヒトものハコぶエコロジーバス」宮崎交通


10月1日から宮崎県でサービスが開始される「客貨混載バス」! 本日宮崎県庁でお披露目会が行われました。( ´ ▽ ` )ノ

宮崎県で始まる「客貨混載バス」ってなに?

エコロジーバス

バスの座席を減らして荷台スペースを確保し、人と宅急便を同時に運べるようにしたのが客貨混載バス。

宮崎県内を走るバスを運行している宮崎交通とヤマト運輸株式会社、そして宮崎県、西都市、西米良村が協定し、10月1日から客貨混載バスサービスが西都市と西米良村で開始されます。

「ヒトものハコぶエコロジーバス」として宮崎交通の路線バスが装い新たにデビューします。

利便性アップ! 環境にも優しいサービス

image_2

西米良村から最寄りの宅急便集荷所までは片道1時間半の距離。

路線バスを使い、バスの停留所にてエリア配達員への宅急便の引き渡し・受取を行うことで、これまで15時だった当日配達の集荷締め切り時間が17時まで延長できるのだそう。

また、本来の集荷や配達の為の西米良村-西都市間の往復が無くなることで、CO2の削減にも貢献しています。

バスの安定運行にもつながる客貨混載バス

image

宅急便を運ぶことのもう一つのメリットは路線バスの路線網が維持されること。バスを利用する地域の住民にとっても嬉しいニュースです。

ヤマト運輸株式会社は、今年の6月に岩手県でも客貨混載バスのサービスを開始しており、西日本では宮崎県が初めてのサービス開始となるそうです。
参照元:ヤマト運輸株式会社 ニュースリリース

 


投稿者 宮崎豚子

宮崎豚子
宮崎県の豚ブランド知ってますか?宮崎ブランドポーク普及促進協議会というのがあって、県内養豚の活性化を行っています。牛だけではなく、豚もとっても美味しいんです。 【宮崎豚子の人気記事はこちら】 宮崎は2年連続1位!いい子が育つ全国ランキング
Translate »