【キックオフイベント】グルテンフリーカレーで綾の魅力を世界へ!【開催します!】


NKN_4818.jpg

 542150_323340217732845_118637905_n寄稿者:鏡 晋吾
地域資源を活かしたまちづくりで循環型の社会を目指す。 森ビルで、建築設計、マーケティング、企業広報を担当。 2009年日本元気塾に参加。 現在は、国産原料を用いたナチュラルコスメによる日本の農業支援や、アフリカ原料のフェアトレードを進めている。 NPO法人「まちづくりGIFT」理事。NPO法人「農に学ぶ環境教育ネットワーク」に参加。

宮崎のみなさん、こんにちは。

みなさんは綾町の「aya100」というプロジェクトをご存知ですか?

宮崎県綾町の魅力を100年後の未来に伝える行政・民間・NPO・町民連携で立ち上がったプロジェクト「aya100」。

最近、メディアにたくさん掲載されたり、

東京六本木ヒルズや表参道なでに綾の魅力伝えるべく進出中。

そんな「aya100」プロジェクトと一緒に綾の地域資源を活かした商品を創りました。

その商品とは、
「グルテンフリーカレー ~宮崎県綾町の玄米米粉カレー~ 」

宮崎を愛するテゲツ−!読者の方の為に!世界初公開のパッケージを披露!!

12490139 10154025304086842 264289837 oパッケージもイチから見直して、世界で戦うデザインに仕上げました

自分で言うのもなんですが、オシャレに仕上がりました。

ところでグルテンフリーってなんぞや

グルテンフリーってなんか聞いたことあるけど何?って思ってる方もいるかもしれません。

グルテンフリーとは、小麦などに含まれるたんぱく質「グルテン」を食事から抜くだけで、自然と体重が落ち、メンタル面などバイタリティもアップするということで、世界的に有名なスポーツ選手やハリウッドセレブなどが取り入れています。

有名なお話はプロテニスプレーヤーのジョコビッチがグルテンフリーを取り入れていますね

通常カレールゥは小麦粉で作られますが、それを今回の商品は綾町の無農薬のお米の玄米を粉にしてカレールゥにしています。

栄養価の高い玄米をそのまま米粉にすることで、美味しくて栄養満点なカレーに仕上げています

綾の岡元さんが大切に作ったお米を頂いています

15896 10153406318226842 6881472641872281313 n  1お米は綾町在住の岡元輝信、信子さんご夫妻が、栽培期間中、農薬不使用、除草剤不使用で栽培されている貴重なお米です。今回の商品開発では直接お米を買い取って商品開発を行っています。

加えて、その綾の玄米米粉を使ってカレーを作っているのにはもう一つ大きな理由があります。

日本人の食生活が変化し、米の消費量は年々減少しています。
農林水産省によると、国民一人あたりのお米の消費量は、1965年は約111㎏だったのに、2014年は概算で55kg・・・

なんと直近約50年間で、米の消費量が半分以下に激減しているそうです。

でもピンチはチャンスなんです!

そこを今や日本の国民食となっているカレーにすることで、お米の消費量を上げて、手間暇かけてつくっている生産者を支援していこうと考えました。

味にも、もちろんこだわっています。

NKN 4818このカレールゥ、米粉を使っているだけではありません。

動物性原料不使用!だからベジタリアンにも対応。

化学調味料や白砂糖も使用していません。

ラードやヘットも不使用です。カレーを食べた後のモタレ・ムカつきが気になる方にもおすすめ。

味の監修は、ラディッシュセブンのオーナーシェフ佐藤友紀さん。

26種類のスパイスをブレンド、しっかりコクがあって、大人から子供まで家族全員で楽しめる味です。

とにかく一度食べに来てください。

このカレールゥ、2月発売予定で商品開発を進めていますが、発売に先駆けて人数限定で、食事付き発表会イベントをラディッシュセブンで開催します!

日時は、1月23日(土)11:30〜13:00
場所は、ラディッシュセブンmanmarです。
会費は、2,000円でグルテンフリーカレーの食事、サラダビュッフェ、スープ、デザート、ドリンク付きです。お得ですよ〜
お申し込みは、Facebookページよりお申込みください。

世界に轟くグルテンフリーカレーのキックオフイベントですよゲストの方とおしゃべりしながらカレー食べます!https://www.facebook.com/events/450021525200649/

Posted by 佐藤 翔平 on 2016年1月14日

世界に飛び出すaya100の米粉玄米カレーのプロジェクトのキックオフにぜひ参加しませんか?


投稿者 宮崎てげてげ通信ライター

宮崎てげてげ通信ライター
宮崎てげてげ通信の活動を通じて、人と人、内と外がつながる、人と企業が繋がる。そしてたくさんの笑顔が生まれることが私の夢です。 将来的には、宮崎県を愛する人が集まり、交流でき、そこから発信、創発が起きるような「てげてげ通信カフェ」ができれば嬉しいなと思っています。 2014年の人気記事をまとめ読み