【速報】宮崎県の人口5年間で3万人の減少ー平成27年国勢調査結果(速報値)


国勢調査 センサスくんとみらいちゃん
画像参照元:総務省統計局

昨年行われた2015(平成27)年10月1日現在の国勢調査の結果概要が発表されました。

これによると、宮崎県の人口は110万4,377人で、前回(2010(平成22)年)と比べると30,856人(2.7%)の減少となっています。
西都市ひとつ分の人口が5年間で減ってしまったことになります。

男女別に見ると、男性519,210人(前回533,035人、2.6%減)、女性585,167人(602,198人、2.8%減)
となっています。

一方、世帯数は462,620世帯で、前回と比べると2,115世帯の増加(0.5%増)という結果になっています。

 

市町村別に見ると

綾の照葉大吊橋
画像参照元:みやざき観光情報旬ナビ

人口が一番多いのは宮崎市401,156人で、県全体の約36%が集中。
続いて都城市の165,098人、延岡市の125,212人となっており、この3市だけが人口10万人を超えています。

逆に人口が一番少ないのは、西米良村1,089人で、前回から12.2%の減少
続いて、諸塚村の1,740人(7.5%減)、椎葉村の2,808人(9.2%)減となっています。

この5年間で人口が最も増えたのは、三股町610人(2.7%)増
続いて、宮崎市の573人(0.1%)増、綾町の125人(1.7%)増、木城町の54人(1.0%)増となっていて、この4市町だけが人口を増やしています。

ちなみに、今回の発表による日本の総人口は、1億2,711万人で、前回から94万7千人(0.7%)の減少で、初めて人口が減少に転じました。

今回の国勢調査結果(速報)について詳しくは、下記のページを参照してください。

宮崎県統計調査課
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/tokeichosa/kense/toke/20160216093851_kokuseichosa-sokuho.html

総務省統計局
http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/index.htm


投稿者 Dice

Dice
2014年4月からテゲツー!ライターに参加。 趣味は料理で、2016年からフードアナリスト、2018年からは冷や汁エバンジェリストとしても活動中。 2020年4月に宮崎での7年間の単身赴任生活を終え、現在は東京・新宿にある宮崎県のアンテナショップを統括。 テゲツー!のアドバイザーで後見人的な人で、玄人受けするその記事にはファンも多い。