「6zi」にオリジナルマグカップが誕生したぞ!


6zi外観

「宮崎てげてげ通信」がスタートしたばかりの時から、編集部の憩いの場所として、また、ステッカーを貼ってもらったりなど、いろいろと応援いただいている、橘通3丁目にある喫茶店の「6zi」

そう言えば最初は、「BROWN DROP」という店名でしたね。

6zi内部

夜遅くまで空いているので、西橘で飲んだ帰りに、酔い覚ましのコーヒー飲んだりするのにちょうどいいんですよね。

カウンターだけ小さなお店ながら、マスターのカズマさんは、東京でDJをやっていて、現在もお店の仕事の傍らDJとして活動するほどの音楽好き。

コーヒーはもちろん、BGMもなかなかイケてると評判。

6ziオリジナルマグカップ

先日、某斎藤Pと打ち合わせしながら食事して、いつののように仕上げのコーヒーを飲みに行ったら、入口近くの壁際に、「6zi」のロゴの入ったマグカップが並んでいるではありませんか。

「カズマさん、オリジナルマグカップ作ったんですか?」
「うん」
「凄え!売ってるんですか?」
「うん。1個1,100円。」
「高えー!でも、俺買います。」
となった次第。

カズマさんとマグカップ

「それでカズマさん、カップに書かれた
6zi
COFFEE
SHOP
はわかるんですが、その反対側の
EAT
SLEEP
COFFEE
RAVE
REPEAT
って、何か意味あるんですか?」

「これはね、ファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)っていうミュージシャンの“eat sleep rave repeat”という有名な曲があって、その間にcoffee breakを挟んだら面白いかなと思って作りました。」

「おー、深いっすね。」

と言いながら、ファットボーイ・スリム知らなかったので、wikipediaで調べました。

「ファットボーイ・スリム(Fatboy Slim, 1963年7月13日 – )は、イギリスのクラブDJ/ミュージシャンであるノーマン・クック(Norman Cook)の、複数ある彼の個人活動名義/プロジェクトのひとつである。
イギリスをはじめとする世界的音楽シーンを股にかけて活躍するビッグ・ビートの主要アーティストの1人で、イギリスポピュラー音楽(主にテクノ・ハウス方面)の第一人者として音楽活動を行う。」(出典:ウィキペディア)

なるほど。
それで、“Eat Sleep Rave Coffee”という曲がこれですな(冒頭に広告入るけど我慢してね)。

さすがはDJカズマ。
ごっ機嫌!
“Eat Sleep Rave Repeat”のフレーズが脳内リピートしております。

 

そしてわが家にカップがやってきた

わが家のマグカップ

ということで、6ziのオリジナル・マグカップが、わが家にやってきました。
斎藤Pありがとね。
RaveせずにWriteに励みますわ。


投稿者 Dice

Dice
自転車乗りの図書館屋。趣味は料理だが、単身赴任中なので、その腕を振るうのは自分のためだけというのがちと哀しい。 2016年から、フードアナリストとしても活動。 てげつーのアドバイザーで後見人的な人。週末に頑張って書く記事は、玄人受けで、ファンが多い。 下のガンジスカレーの記事は、佐々木俊尚さんとか著名人にもシェアされたりしている。 人気記事:宮崎空港ではガンジスカレーを食すべし!
Translate »