【祝】テゲツー!が優秀賞獲得!【ジャーナリズム・イノベーション・アワード2016】‐東京


20160314222244

3月12日(土)、東京で開催された【ジャーナリズム・イノベーション・アワード2016】に、テゲツー!も出展させていただきました。

今日は、その模様を臨場感たっぷりに、レポートしたいと思います!

【ジャーナリズム・イノベーション・アワード2016】

10:45 「講談社」の3文字に、会場入り前からそわそわ

20160314222304

講談社さんの講堂が今回のイベント会場だったわけですが、、

なかなか足を踏み入れる機会なんてないですよね。

普通に舞い上がりました。

「いつもお世話になってます、マガジン読んでます!」

と、心の中で唱えながら、いざ会場入り。

テゲツー!を代表して、3名で参戦

左からテゲツー!会長 長友まさ美、かけだしライターこと僕、宮崎出身東京在住、テゲツー!読者代表の荒川卓也さん。

この3人で、事前にSkypeでミーティングをしたり、それぞれが役割分担をして制作物をつくって、イベントに臨みました。

11:00 場所決め抽選にて、持ち前の強運を存分に発揮

20160314225201

ブースの展示場所は、1日の明暗を分かつ重要な問題。

長友まさ美会長の素晴らしい引きで、会場入り口すぐの神スペースを獲得しました!!!

さすが持ってる!

幸先よすぎ!!

ブースの場所が決定したら、開場までの時間、おもいおもいにブース設営を行います。

13:00 いよいよイベントスタート

20160314230656

大手新聞社や、有名ニュースサイト、熱烈なファンを多数持つ個人ライターをはじめとした、約50にものぼるブースがいっせいにオープン。

それぞれ最新のテクノロジーや独自のアイディアを用いた展示で、来場者の目をひきます。

そんななか、テゲツー!ブースはというと・・・

見よ、この圧倒的手づくり感!wwww

20160314231811

模造紙に、手書きの文字、そしてたくさんの記事や写真を切って貼って。。

まるで文化祭を思い起こさせる雰囲気は、ある意味他のブースと一線を画してました(笑)

合言葉は、「テゲツー!の爪あとを残して帰ろう」

20160314230127

僕たちの目標は、とにかく来場者投票で50ブース中6位以内に入り、決勝プレゼンを行うこと。

そのために、来場者がブースに来るのを待つんじゃなくて、自分たちから積極的に声をかけ、宮崎トークをしながら説明をしていきます。

説明の閉めには、「なんとか爪あと残したいんで、投票お願いします♪」ということを忘れません(笑)

14:00 好調なスタート。中間発表で1位に躍り出る!

グイグイ行く作戦が功を奏し、幸先良いスタートです。

が、、

しかし、、

そんなに甘くないのが現実です。。

16:00 強力な出展者たちばかり!どんどん落ちていく順位

ジャーナリズムでイノベーションを起こしている強者たちがたくさんいるジャーナリズム・イノベーション・アワード。

だんだん票がわれていきます。

テゲツー!は、、、

ぜんぜん票が伸びていない!!!

焦る。。。

しかし、ここで諦めずに来場者に声をかけ、自分の経験を交えながら宮崎の魅力、テゲツー!の取り組みについて伝えていきます。

20160315000836

「宮崎のことが嫌いだったけど、テゲツー!を通じて宮崎の魅力に気づき、素敵な人たちとの出会い、宮崎が大好きになっていく。」

「WEBとリアルな場づくりを融合させる。テゲツー!がきっかけとなり、人と人の繋がりがどんどん生まれてきている。」

「テゲツー!は編集部だけで創るのではなく、読者や、宮崎のみんなによってつくられている。自分たちの作りたい街を、自分たちの手でつくるために、テゲツー!をやっている。」

自分の言葉で伝えて、

20160315001142

伝えて、、

(あ、ヨッピーさんだ!)

20160315001126

最後まで、ブースに立ち寄ってくださる方、お一人おひとりに丁寧にお伝えしていきました。

17:00 ブース展示終了。決勝プレゼンに進出なるか?!

20160315001652

あっという間に4時間が終了、上の写真が最終得票結果です。

テゲツー!ブースは06番。

見た感じではかなり、微妙なラインですが、、

なんと、

第5位で決勝プレゼンに進出!!!

目標達成!

やったね!!

予選突破した上位6作品のプレゼンがスタート!

20160315002338

決勝に進んだのは、こちらの6ブース。

「宮崎てげてげ通信」の文字がなかなか、いや、かなり異端な感じで光っています(笑)

プレゼンの出番を舞台袖で待つ長友まさ美氏。

20160314230128

いつになく緊張した表情。

僕は客席で、「頑張ってー!」と(心の中で)祈るのみ。

テゲツー!のプレゼンがスタート!

20160315003049

「人と人を繋げ、豊かな宮崎をつくっていく。」

「宮崎の若者のチャレンジをことばだけでなく応援していきたい。」

と、まさ美さんは、熱を以って来場者に伝えていきます。

18:00 すべてのプレゼン終了。そして、結果発表へ

最優秀賞は、前年度の最優秀&優秀賞のコンビでつくれた「沖縄戦デジタルアーカイーブ」で、それはもう圧倒的でした。

そして、優秀賞の発表に続きます。

ひとつは、朝日新聞デジタル編集部の「築地 時代の台所」。

そしてもうひとつは…

・・・

「宮崎てげてげ通信です!!」

や、、、

やったーーーーーーーー!!!!

ま、まじか!!!

うわあああああああああああ。

テゲツー!まさかの優秀賞を獲得!

20160315005310

テゲツー!の名前を聞いたときには、あまりの驚きに声にならなかったですw

表彰台にあがることができなるなんて。。

優秀賞を決める得票数は、ほんとうに僅差でした。。

ツイッターにこんな嬉しいツイートをしてくれた方も。

これ以上ないお言葉。

嬉しすぎる・・・

「伝えたい!という思いがジャーナリズムにつながっていく」

「人に行動変容を起こさせるものこそがイノベーション」

ジャーナリズムやイノベーションなんて自分には縁遠いものだと思っていましたが、1日を通じて、上のような言葉が、身に染みて実感しました。

祝!とっても大きな爪あとを、残すことができたよー!

20160314221932

皆さんと一緒につくっているテゲツー!を、宮崎の魅力を、そして東京で大きくアピールして帰ってくることができました。

たくさんの方に「宮崎に行きたくなったよ。」「必ず宮崎にいきますね!」と言っていただけました。

本当にありがとうございます!

これからも宮崎の魅力をたくさん発掘していくこと、そしてたくさんの人と人をつなげていくことに励んでいきます。

(僕は、これからライターとしてがんばります!よろしくお願いします。)

さまざまなニュースでも、テゲツー!が掲載されているので、ぜひご覧ください。

「ネットやスマホで見る次世代ジャーナリズムのあり方は? 都内でアワード」-BLOGOS

全国紙がローカルメディアに敗れた理由 イノベーション=技術革新という「誤解」(藤代裕之) – 個人 – Yahoo!ニュース

新たな出会いから生まれたイノベーション 圧倒的強さを見せた『沖縄戦デジタルアーカイブ』がアワード最優秀賞に! – 日本ジャーナリスト教育センター #JCEJ


投稿者 宮崎てげてげ通信ライター

宮崎てげてげ通信ライター
宮崎県内の地元の人だからこそ知っているおすすめの「グルメ」「観光」情報を軸に、地域の安全安心につながる情報の提供にも取り組んでいきます。 人気記事ランキング
Translate »