【寄稿】宮崎の皆様、宮崎県はクライミング天国ですぞ

海の男、Diceです。
先日、夢プレゼン大会後の懇親会で知り合いになったばかりの澤井友洋さんが、ご自分のブログ「宮崎ともともダイアリー」で、これまであまり知られていなかった宮崎の一面を紹介されていて、どうしてもテゲツー!でもご紹介したく、転載をお願いしたら、快く承諾いただきましたので、ごっそりと転載させていただきます。

澤井友洋さん寄稿者:澤井友洋

1988年神奈川生まれ。
大学卒業後、外資系コンサルティングファームに就職。
27歳で、妻とともに東京から宮崎に移住。
移住後は独立し、宮崎を世界一アツい街にすべく、日々奔走中。

 
ともひろです。

着々と引っ越し準備を進めております。
4月4日に東京を出発し、車とフェリーを乗り継いで、4月7日に宮崎に到着する予定です。
日本横断プチ旅行、楽しみです。

さて、宮崎の方に、クライミングがきっかけで移住しましたと言うと、8割5分3厘くらいの確率で、
「え、宮崎ってクライミングが有名なの?」
と言われます。イチローもびっくりの確率ですよ。
サーフィンはあんなにも有名なのに、この差はなんなんだ、、、
ってことで、PRのため、クライミングとはなんぞや、また、宮崎のどこにクライミングできる場所があるんだ、というお話です。

クライマーの皆様へ。
話をわかりやすくするため、正確さは犠牲にしています。
突っ込みどころはあると思いますが、ご容赦下さい。

 

クライミングとはなんぞや

さてさて、毎度おなじみウィキ先生の定義によると、クライミングとは

クライミング (Climbing、登攀 とうはん)とは、
垂直に近い地形や人工物等を自らの手、足、体、
もしくは登攀用道具を使用して登ることである。
主に趣味、競技、救命活動、軍事作戦等で行われる。

幸か不幸か、軍事作戦に関わった経験はございませんが、要は、何かを登れば、それはもうクライミングってことですね。

で、このクライミングという言葉は結構定義が広いんです。
いわば「陸上競技」みたいなものです。

陸上競技にも、短距離、長距離、フィールド競技など様々なジャンルがあるように、クライミングにも様々なジャンルがあります。

私達が主に力を入れているのは、フリークライミングというジャンルです。

フリークライミングのフリーとは、グルテンフリーとかと同じで、何かがないわけなんです。
何がないかというと、前進するための道具がないのです。

梯子を使ったり、人工的に足場を作ったりしないクライミングです。

命綱使ってるじゃん!と突っ込まれそうですね。
あれは落ちた時の安全確保であって、ロープそのものに引っ張ってもらっているのではないため、オッケーなわけです。

 

リードクライミングとボルダリング

分類の話が続き恐縮ですが、今しばらくお付き合いください。

前進のための道具を使わないフリークライミングですが、これも大きく分けると2つに分類されます。

落ちたら死んじゃうかもしれないような崖などを命綱をつけて登るのがリードクライミング。
落ちても死なないかもしれない岩などを命綱無しで登るのがボルダリング

もちろん、この2つを分かつものは、命綱を使うかどうかであって、
落ちたら死ぬかどうかではありません。念のため

で、我々はというと、特にこのボルダリングに夢中なわけであります。

 

ボルダリング天国宮崎

さて、本題ですが、宮崎県は、このボルダリングに適した岩がゴロゴロしてるのです。

どこに?って話ですが、主には県北です。延岡~日之影〜高千穂のあたりですね。

特に、日之影川沿岸の日之影エリア、比叡山を中心とした比叡エリアが2大クライミングエリア。
その素晴らしい岩を求めて、日本中からクライマーが訪れています。

こーんな岩とか

こーんな岩1

こーんな岩とか

こーんな岩2

こーんな岩がゴロゴロしてます。

こーんな岩3

完全に妻が物差しになってますが、これくらいでかい岩がたくさんあります。

いやいや岩でしょ?そんなのどこにでもあるでしょ?
って思われるかもしれません。
しかし、これほどまでに岩が集中しているエリアは日本でも数少ないです。
宮崎は、クライマーからすれば天国なんです。

 

なんで8割5分3厘の宮崎県民は知らないのか

そんな素晴しいならなんでそんなに知名度低いんだよ!って話ですよ。
いくつか理由があるのかな〜と、勝手に思っています。

  1. 競技人口
    ちゃんとしたデータがあるわけじゃないのですがおそらく、クライミングよりサーフィンの方が競技人口は多いでしょう。
    従って、クライミングの知名度が低く、相対的にサーフィンの方が有名なのも当然です。ただ、クライミングは、2020年東京オリンピックの追加種目候補になったりと、最近何かと注目を集めるスポーツです。今後に期待ですね。
  2. 宮崎の岩が有名になった時期
    「岩がある」と世間に認知されるためには、幾つかのステップがあります。
    岩を見つけ、登っても良いか地主さんと交渉し、登り、岩の情報を整理し、世間に公開しても良いか地主さんと交渉した上で、初めて公開できます。
    宮崎の岩が大々的に公開され、広く世間に認知されたのは、ここ数年のことだと思います。
    だから、今はまだ認知度は低いのかもしれません。今後はどんどん有名になるでしょう。
  3. オシャレ感
    これも、広まるためには結構大切なんじゃないかなーと。
    サーフィンってカッコ良いじゃないですか。爽やかだしオシャレだし。
    その点、岩登りって、怖くてきつくて辛いイメージなんじゃないかなぁ〜と。
    本当はそんなことなくて(怖いけど)、すごくカッコ良くてオシャレです。
    ひとえに、我々クライマーの発信力不足なのかもしれません。
    精進あるのみです。

 

宮崎をクライミングの街にしたい!

こんな素晴しい資源があるのに、知名度が低いのは残念なことです。
本当に魅力的なスポーツなので、もっともっとたくさんの人に挑戦してもらいたいなぁと思います。

あんな岩登れるかよ!と言われそうですね。

もちろんいきなりは厳しいです、と言うよりも、
危険ですのでおやめください。
大きな事故が起きれば、エリアの閉鎖などに繋がりかねません。

今は、室内でクライミングができる施設がたくさんあります。
宮崎にも幾つかあり、宮崎市周辺ですと

リバー宮崎店

SMOOTHIE BOULDERING GYM

Q-block

などがあります。
是非、気軽にトライいただければ幸いです。
初めての方でも登れる壁はたくさんあります。
登りきった時の爽快感、達成感は格別ですよ!

もちろん、宮崎県以外にお住いの皆様も是非。
地名+クライミングジムで検索すればたくさん出てきます。
近場のジムで、トライしてみて下さい。

 

最後に

先ほども述べた通り、自然のクライミングエリアが生まれ、存続しているのは、岩を見つけ、登り、地主さんとコミュニケーションをとり、継続して整備してくださる方々がいるからです。

地主さんはもちろん、そういった方々への感謝の気持ちを忘れず、みんなが気持ちよくクライミングを楽しめるようにしていければと思います。

また、クライミングエリアに行くときは、

 ・削ったり落書きしたりして岩を傷つけない
 ・ゴミは持ち帰る
 ・不必要に大騒ぎしたりしない

などなど、これからもクライミングという文化が継続できる行動を、どうぞよろしくお願い致します。
みんなで楽しく登りましょう!

元記事:「宮崎ともともダイアリー:宮崎の皆様、宮崎県はクライミング天国ですぞ」


澤井さん、ありがとうございました。

サーファーの移住はよく聞きますが、フリークライマーの移住はまだまだ珍しい宮崎。
でも、お話を伺うと、クライミングも面白そうで、いろんな可能性が見えてきますね。
澤井さんには、今後とも宮崎におけるクライミングの世界のご紹介をお願いしたいと考えておりますので、乞うご期待!

投稿者 Dice

自転車乗りの図書館屋。趣味は料理だが、単身赴任中なので、その腕を振るうのは自分のためだけというのがちと哀しい。 2016年から、フードアナリストとしても活動。 てげつーのアドバイザーで後見人的な人。週末に頑張って書く記事は、玄人受けで、ファンが多い。 下のガンジスカレーの記事は、佐々木俊尚さんとか著名人にもシェアされたりしている。 人気記事:宮崎空港ではガンジスカレーを食すべし!