都城人イチ押しのイタリアン・ランチー坂元食堂


坂元食堂外観

ジャーナリズム・イノベーション・アワード受賞もあって、このところ記者魂に目覚めているDiceです。

テゲツー!頑張ってはいるんですが、宮崎県内でもカバーできていないエリアも多いので、一念発起して、そのうちのひとつ都城に泊まりがけで取材旅行に行くことにして、ランチのお薦めのお店を緩やかに募ったところ、推薦が一番多かったのが、「坂元食堂」でした。

予約しないと入れないかもという情報もあったのですが、ボッチめしだしなんとかなるだろうと、特に予約もせずに、お昼時に行って参りました。

場所は、何かと話題の都城の中心市街地・中町の一角、「PIER2」という建物の1階にあります。

壁に描かれた野菜の絵

お店に入ると、目に飛び込んでくるのは、壁に描かれたこの画。
「Trattoria Sakamoto」とありますね。
トラットリア(Torattoria)というのは、カジュアルなイタリアンレストランということで、堅苦しくはないけど、ちゃんとコースでいただけるメニュー構成になっているということなのでしょう。

店内は、入口近くにテーブル席で計16席ほど。奥に厨房に続くアイランド型のカウンターで8席ほど。

ランチメニュー

複数のテーブルには既に先客がいましたが、一人だったので問題なくカウンターで気に陣取ることができました。

Pranzo menu(ランチ用のメニュー)を見ると、Pasta(パスタ)、Pesce(魚)、Carne(肉)の3種類からの選択になっています。

この日のパスタは、「ムール貝と青味野菜のトマトソーススパゲッティー」、
魚は、「鮮魚のポワレ 赤ワインと粒マスタードのソース」、
肉は、「鶏モモ肉のグリル レモンバターソース」、
というラインナップでしたが、ガッツリ食べたい気分だったので、Carneをいただくことにしました。
セットのドリンクは、ホットコーヒーを食後にお願いしました。

カウンター上のメニューボード

ちょっと光の加減で見づらいですが、カウンターの上部には、アラカルトのメニューが書かれたボードには、魅惑のメニューが並んでいます。
夜はカウンターに座って、ワインを片手に、これ見ながらオーダーするんでしょうね。

内装はシンプルですが、白を基調に清潔感のある落ち着いた感じにまとめられていて、女性や家族連れにも人気の店というのが頷けます。

 

さて、ランチがやってきた

サラダ

まずは、サラダ。
レタスをメインに、ミニトマトで彩りを加え、バルサミコ酢、粉チーズ、オリーブオイルがかけられています。
甘さを感じますが、バルサミコの甘さだけではなさそうなので、ひょっとするとハチミツも混じっているかもしれません。

スープ

続いてスープ。イタリア語ではズッパ(zuppa)ですね。
この日は、野菜とベーコンのミネストローネ風。
野菜は、赤と黄色のパプリカ、ズッキーニ、ニンジン、玉ネギ、トマトが使われていました。
優しい味で、眠っていた胃を活性化させ、食欲をかきたてて、メインの肉を迎える準備を整えます。

パン

付け合わせのパンは2種類。バゲットとカンパーニュかと思われますが、未確認。
軽くトーストされています。
ソースが美味しいので、残ったソースを拭って食べるパンは必需品ですが、食べ過ぎにはご注意。

鶏モモ肉のグリル レモンバターソース

メインの「鶏モモ肉のグリル レモンバターソース」がやってきました。
皮目の部分はパリッと焼かれ、中はジューシーで適度な歯応えと、火入れの加減は絶妙。
旨味のある鶏モモ肉は小林産だととか。
レモンバターソースは柔らかい感じで、変に主張せずに素材の味を引き立てる役割をしっかり果たしています。
絞った後のレモンも添えられていたので味をみてみましたが、酸味が穏やかで甘みもありました。
シェフにお尋ねしたら、市場で出ていた宮崎産ということでしたが、酸味が穏やかでしたので、日南産のマイヤーズレモンではないかと推察。

デザート

デザートは、Torta di cioccolato(トルタ・ディ・チョコラート)、つまりチョコレート・ケーキですね。
焼いたメレンゲが載って、粉糖でちょっと飾られているところがオシャレ。

コーヒー

最後に、レギュラー・コーヒーをいただいてごちそうさま!

このCorne(お肉)のランチコースで1,480円と、普段は弁当を自作している私にとって、思い切りのいるお値段ではありますが、シェフの確かな腕を感じさせる納得の味とボリュームでした。

 

今度はディナータイムに訪問したい!

メニューボード

オーナーシェフの坂元友樹さんとアシスタントの女性の2人で店を切り盛りされていますので、さすがにランチ時にゆっくりお話を伺うことはできませんでしたが、壁に掲げられたメニューボードを見ると、食べてみたいものがたくさん。

次回は、ディナータイムに訪問して、ワインを飲みつつ語りたいなと思いました。

 
【坂元食堂 Trattoria Sakamoto】
住所:〒885-0071 都城市中町12街区25号 PIER2(1階) ⇨ マップ
TEL:0986-21-3777
営業時間:ランチ 11:30~15:00(L.O. 14:30) ディナー 18:00~23:00(L.O. 22:30)
定休日:木曜日


投稿者 Dice

Dice
自転車乗りの図書館屋。趣味は料理だが、単身赴任中なので、その腕を振るうのは自分のためだけというのがちと哀しい。 2016年から、フードアナリストとしても活動。 てげつーのアドバイザーで後見人的な人。週末に頑張って書く記事は、玄人受けで、ファンが多い。 下のガンジスカレーの記事は、佐々木俊尚さんとか著名人にもシェアされたりしている。 人気記事:宮崎空港ではガンジスカレーを食すべし!