宮崎の朝といったら「朝うどん」で決まり!変わらず愛され続けるおくのうどん


img_2607

「飲んだあとのしめはラーメン?いえいえ、うどんです。」というのが宮崎流。

実は、隠れたうどんの聖地でもある宮崎県。

夜だけでなく、朝ごはんだってうどんなんです〜〜〜

わたくしが幼い日から通い続けている老舗のうどんや「おくのうどん」さんをご紹介!

早朝6時〜営業!宮崎県民のソウルフード!

img_1163

朝早くから元気にお母さんたちが働いてる!

宮崎うどんといったら、ここでしょ!

老若男女に愛され続けるおくのうどん。

(わたしが小さい頃は、きっちょううどんだったけれど、名前が変わりました。)

宮崎うどんの始祖「奥野豊吉」さんの味を受け継ぐお店です。

うどんは190円〜!リーズナブルで庶民の味方!

img_1162

なんと!300円でもお釣りがきちゃうなんて、嬉しすぎ。

すべての具がもりもり入っている「スペシャルうどん」でさえ、ワンコインいきません。

オーダーをすると、慣れた手つきで、ささっとうどんをゆがくお母さん。

img_1166

ちゃちゃっとゆがいたうどんに、具材と熱々の出汁をかけ、、、

たっぷりのネギをいれると、

img_1165

完成!

その間、1分?

とにかく早い!

仕事前のおっちゃんたちや近所の家族、旅行者に、きっと朝まで飲んだんだろうなっていうワケモンまで。

けっこうカオスな雰囲気が、大好きです。

いりこの出汁がいい香り〜〜〜!

img_1171

1日平均2000人以上はやってくるというおくのうどん。

この香りがたまらなく懐かしい!

柔らかくてもっちりしたうどん麺!

img_1172

普段、コシのあるうどんを食べている方たちは、だいたい驚きます。笑

でも、この柔らかいうどんが、むしょーーーーに食べたくなって、再訪する人多いんです。

一番人気は、こちら。

天ぷら+卵+天かす=「天たまか」

img_1169

天ぷらは、いわゆる宮崎の天ぷらで、魚のすり身でつくられたもの。

そのうえに、卵とたっぷりの天かすが。

だんだんこの天かすが、ふにゃふにゃになってきて、あまーいお出汁になっていきます。

大きな揚げが、どどんとのっている「きつねうどん」

img_2606

甘辛く似たお肉がたっぷり!

「肉うどん」

img_1168

あああああ。

じわぁっと身体にしみる、優しい味!

おいしいーーーー!

その日の気分にあわせて選べるうどん。さいこー!

大人気のいなり寿しは、1個60円!

img_2604

おばぁちゃんの家で食べていたような、懐かしいお味のいなり寿司。

他にもとりめしもあり、こちらも60円。

なんと!シンプルなおにぎりにいたっては、40円!

ここ、おくのうどんのうどんを食べて育ったといっても過言ではないわたくしは、今日もまたせっせと県外ファンを増やしておりますww

◆おくのうどん
TEL:0985-54-1586
住所:宮崎市大坪東3-10-20 → MAP


投稿者 長友まさ美

長友まさ美
テゲツー!会長 。たくさんの人に、宮崎てげてげ通信の魅力を伝えるのが主な役割。人、旅、美味しいもの、楽しいことが大好き。宮崎の太陽。対話の場作りをとおして、未来への一歩を後押しする。