【開店】県産の新鮮素材を楽しめる和食レストラン - 「産直ひなた食祭 みやざき晴日」

「みやざき晴日」外観」

宮崎市の中心市街地で、ここちや、はればれ、あっぱれ食堂、みやざき晴夜と4店舗を運営する(株)コンフォートダイナーが、宮崎市一ツ葉のイオンモール宮崎近くに、グループ6店舗目となる新店舗をオープンさせたというので、夕食がてら出かけてきました。

イオンモール宮崎の北側の道路を東に、一ツ葉稲荷神社の方に進むと、小さな橋を渡ってすぐ右手に、美しくライトアップされた店舗が見えてきます。

 

産直ひなた食祭 みやざき晴日

入口の店名サイン

店の名は、「産直ひなた食祭 みやざき晴日(はれのひ)」

宮崎産の新鮮な食材を集めた和食レストランで、訪れた人のハレの日になるような場にしたいとの想いが込められているようです。

 

店内はかなりオシャレな内装

入口すぐの焼き台から奥を望む

入口すぐの所にガラス張りの焼き台がしつらえられ、その前を通って店内に導かれます。
10月24日(月)にオープンしたばかりということもあり、焼き台の周辺には開店祝いの花が飾られていました。

焼き台したの装飾

半円形を描く焼き台の下部には、このような装飾が。

飾り棚のボトルの数々

その反対側には、飾り棚に宮崎産の様々な焼酎やワインのボトルが飾られ、美しくライティングされています。

円形ブース

左手奥に進むと、このような色違いの木で美しく装飾された円形のブースが。

円形ブースの中

円形ブースの中は、このように4~6人が座れるテーブルがしつらえられた、半個室になっています。

オープンなテーブル席

その他にも、こんなオープンなテーブル席や、

半個室

小粋な木製の壁で隔てられた半個室で、

畳敷きの長椅子

畳敷きの長椅子を備えたテーブル席もあったりと、バラエティに富んだしつらえになっています。

テーブルの上を見ると、場所によっては注文用のタブレット端末も使われているようです。

 

2階には団体&イベント用のスペースも

2階の「晴宴」

店内から、いったん外階段を通って2階に上がると、そこは、「晴宴」と名づけられたスペースになっています。

大部屋

内部は、こうしたテーブル席の大部屋を中心に全52席が用意され、団体の貸し切りや、イベントなどにも対応できるようになっています。

2階の天井を飾る文様

2階の天井は、このように様々な植物をモチーフにした文様で埋め尽くされています。

こうした文様と、素材の生産者のモノクロ写真が店内のあちこちに飾られていて、木材を多用した内装と合わせて、独特の世界観を醸し出しています。

店内を眺めるだけでもワクワクした気分になれる、そんなレストランです。
そんなワクワクできるレストランで食べられる料理は…
続きはこちらから。

単品料理は、様々な新鮮素材を多彩に

投稿者 Dice

自転車乗りの図書館屋。趣味は料理だが、単身赴任中なので、その腕を振るうのは自分のためだけというのがちと哀しい。 2016年から、フードアナリストとしても活動。 てげつーのアドバイザーで後見人的な人。週末に頑張って書く記事は、玄人受けで、ファンが多い。 下のガンジスカレーの記事は、佐々木俊尚さんとか著名人にもシェアされたりしている。 人気記事:宮崎空港ではガンジスカレーを食すべし!