タイ料理の専門家も認める宮崎産パクチーを愉しむ - パクチーヌゥーボー


パクチー@woodbull DD

宮崎産パクチーを美味しい料理でいただきつつ、今年の豊作を願おうという「パクチーヌゥーボー」なるイベントが開催されるという情報を入手したので、パクチー好きとしてはほっておけないと、忙しい中、時間を捻り出して出かけてきました。

場所は、宮崎市千草町のABC90ビル5階にあるダーツバー「Dining&Darts woodbull DD」

テーブルには、今年産のフレッシュなパクチーが飾られています。

 

まずは、パクチービールで

パクチー・トルネード・ビール

ウェルカムドリンクはいろいろ選べたのですが、ここは当然ながら、パクチービール
グラスの底から生ビールが竜巻状に沸き上がるトルネード・サーバーを使って、生パクチーペーストを加えた、スペシャルなパクチービールが完成。
パクチーが香り立つビールは、パクチー好きにはたまりません。

パクチー・ソーダ

ノンアルコール派には、パクチーペーストを炭酸水で割っただけの、パクチー・ソーダもあり。
これは撮影しただけで飲んでませんが、パクチービール以上にかなり強烈そう。

 

国富町のパクチー王子

郡康貴さん

今回のイベントの主催者は、国富町でコオリファームを主宰する、郡康貴さん。

これまでも何度かテゲツー!に登場しているので、ご存知の方も多いかもしれません。

ピーマン栽培を主体に経営されている郡さんは、ピーマン博士の異名も持つほどですが、最近ではパクチー生産にも取り組まれており、パクチーを使った様々なイベントの仕掛け人として、パクチー王子とも呼ばれるようになっています。

 

ゲストは、タイ宮廷料理研究家の鈴木都さん

郡さんと鈴木都さん

この日のゲストは、タイ宮廷料理研究家の鈴木都さん(写真右)。

鈴木さんは、1997年から5年間タイ・バンコクに在住し、その間にタイ王室専属の料理家 Wandee氏に師事。
宮廷料理から地方や家庭の料理、お菓子など幅広いジャンルのタイ料理を400種ほど習得し、現在は、フレッシュなハーブやスパイスをふんだんに使った香り豊かな伝統的なタイ料理を伝えるサロン式の料理教室を主宰されています。

宮崎にもこのところ毎年のように来られていて、私がお目にかかるのは2度目になります。

 

鈴木さんプロデュースのエスニック料理

鈴木さんプロデュースの料理

こちらが、ビュッフェ形式で並べられた、鈴木さんの手によるパクチーをメインに使ったエスニック料理の数々。
これを食べながら、郡さんと鈴木さんのお話を伺いました。

イカとパクチーのサラダ

イカとパクチーのサラダ
軽く火の入ったイカのもっちり柔らかな食感と、パクチーのシャリシャリした食感のコラボ。
パクチーをたくさん食べられて、幸せ。

がパオのピーマンのせ

ガパオのピーマンのせ
ピーマンは、もちろんコオリファームのもの。
「種まで美味しいので、2つに割っただけで使いました。」
と鈴木さん。
苦みの無いピーマンのシャクシャクした食感に、鶏挽肉をハーブと一緒にニョクマムで炒めたガパオがよく合います。

バインミー

ベトナム風サンドイッチのバインミー
ここにもたっぷりパクチーが挟まれています。

タイ風鶏唐揚げ

鈴木さんが最強に美味しいと自負する、タイ風鶏唐揚げ
レモングラスの風味が効いた、エスニックな香りをまとう唐揚げは、確かに美味しい!
素揚げしてある赤く大きな唐辛子も、辛くないのでそのまま食べられます。

パクチーの根のフリット

鈴木さんが、
「パクチーは葉を食べるものだと思っているかもしれませんが、実はタイ料理では根が大事なんです。
宮崎のパクチーは根も美しいので、フリットにしてみました。」
と出された、パクチーの根のフリット
塩で食べると根の持つ甘さが引き立ち、パクチーの香りと繊維質の食感も楽しめます。

美味しい料理で人心地ついたところで、いよいよ鈴木都さんのライブクッキングのスタートです。

続きはこちらから。

鈴木都さんによるライブクッキング


投稿者 Dice

Dice
自転車乗りの図書館屋。趣味は料理だが、単身赴任中なので、その腕を振るうのは自分のためだけというのがちと哀しい。 2016年から、フードアナリストとしても活動。 てげつーのアドバイザーで後見人的な人。週末に頑張って書く記事は、玄人受けで、ファンが多い。 下のガンジスカレーの記事は、佐々木俊尚さんとか著名人にもシェアされたりしている。 人気記事:宮崎空港ではガンジスカレーを食すべし!