【開店】文化ストリートの中心に“肉の楽園”誕生! - 「肉バル&ダイニング PARADISO」


PARADISO外観

軽く糖質制限していることもあって、タンパク質多めの食事を心がけているDiceです。
そんなこんなで、肉の焼ける匂いに敏感です。

ちょっと前までは昼間でも暗くて廃墟のような雰囲気でしたが、このところ新しい店のオープンが続いている宮崎市橘通東3丁目の「文化ストリート」
先日、橘通を歩いていて、路地から何気なく「文化ストリート」の奥を覗いてみたら、何やらまた新しい店がオープンした感じがあり、なんとなく肉の焼ける匂いが漂ってくるではありませんか。

 

肉バル&ダイニング PARADISO

肉バル&ダイニング PARADISO ロゴ

近づいてみると、看板には、
PARADISO
肉バル&ダイニング」
の文字が。

“肉の楽園”ですな。
どうりで、肉の焼ける匂いがするはずです。

実はここ、以前ご紹介したことのある「ITARIAN BAR PARADISO」(宮崎市橘通西3丁目7-11)の姉妹店として、11月11日にオープンしたばかりのお店でした。

肉バル&ダイニング PARADISO 内部

内部は、4人掛けのテーブルが4卓、2人掛けのテーブルが2卓の計20席。
これと別に、写真の左奥に、別の入口から入るカウンター席が5席用意されています。

手書きのメニューボード

メニューは、壁に掲げられた黒板にチョークで手書きされています。
前菜は、イタリアンテイストが漂い、メインは、豚・鶏・牛の肉をガッツリといただけるメニューが揃っています。
それぞれのお値段も、意外とリーズナブル。

 

出だしの「ラタトゥイユ」から美味い!

付き出し

この日はカウンターに座って、ハイボールからスタート。
付き出しとして出てきたのは、冷たくした「ラタトゥイユ」。
シンプルな野菜のトマト煮込みですが、野菜の旨味をうまく引き出した絶妙な味つけでした。
イタリアンの基本がしっかりとできていて、これからいただく料理への期待がふくらみます。

 

まずは、前菜の盛り合わせ「PARADISOプレート」

PARADISOプレート

お店の方にお薦めを伺ったら、前菜は「PARADISOプレート」ということだったので、オーダーして出てきたのがこれ。
プロシュート、ナポリサラミ、ブルスケッタ2種、チーズ3種などの盛り合わせ。

これで2~3人前ということですが、結構ボリュームがあって1,200円と、コスパ高し。

赤ワイン

しかも、レバーペーストのブルスケッタを始め、それぞれが手抜き無く美味しくて、これだけでワイン2杯は空けてしまいそう。
ハウスワインは1杯500円とリーズナブルで、赤が重め、やや重めと2種に、白、泡とひととおり揃っています。
もちろん、ワイン以外にも、ビールからソフトドリンクまで、飲み物メニューも豊富です。

 

肉バルの真骨頂!「骨つき豚のBigグリル」

骨つき豚のBigグリル

続いてのお薦めは、「骨つき豚のBigグリル」
宮崎ブランドポークに認定されている「きなこ豚」の肩ロースあたりの骨つき肉を、グリルで内部がほんのりピンク色になる程度にゆっくりと火を通し、切り分けてからバルサミコ酢をかけ、カットしたミニトマトと削ったチーズが散らしてあります。

一人なら、これだけで十分と思えるくらいのボリュームで、たったの1,000円。
豚肉の美味さをしっかりと味わえ、これぞ肉バルの真骨頂と思えるメニューです。

 

厚切りローストポーク

厚切りローストポーク

続いて、「厚切りローストポーク」をオーダーしたら、厚切り肉が2枚、ミックスビーンズとミニトマト、水菜の入ったスープの上に載って出てきました。

骨つき肉のグリルとはまた違う、柔らかくもしっかりした食感のあるロースの美味さ。

これで750円ですよ。嬉しくて涙出そう。

 

トリッパとミックスビーンズのトマト煮込み

トリッパとミックスビーンズのトマト煮込み

結構お腹いっぱいだったのですが、イタリアンな一品も食べてみたくて、「トリッパとミックスビーンズのトマト煮込み」(800円)もお願いしてみました。

フワッと柔らかいかと思いきや、もっちりとした歯応えで、噛みしめるほどに旨味がじわっと出てくるトリッパは、大好きな食材の一つなのですが、くどくない薄味のトマトソースとの組み合わせが絶妙で、それぞれ食感の変わるミックスビーンズも嬉しいです。

以上4品、十分に堪能させていただきました。
気軽にガッツリと肉を食べられる「肉バル」として、リピート決定です。
今回は豚肉メインだったので、次回は牛と鶏もにもチャレンジしてみたいですね。

 

ランチもあります

ランチメニュー

この「肉バル&ダイニング PARADISO」、11時~14時半のランチタイムには、ご覧のようなランチメニューも提供されています。

700~800円の価格帯で、サラダ、スープ、バケット付き。プラス150円でドリンクとドルチェを付けることも可能(ドリンクだけだとプラス100円)。

ランチタイムもアルコール提供されているので、土日とか、昼間っから飲むのも良さそうですね。

 

オーナーからテゲツー!読者にプレゼント

オーナーの松田哲郎さん

いつもは、赤玉駐車場近くの「ITALIAN BAR PARADISO」の方にいらっしゃる、オーナーの松田哲郎さんから、テゲツー!読者の皆さんにプレゼントをいただきました。

1月31日(火)まで、「テゲツー!見ました」と申告の上、「肉バル&ダイニング パラディソ」のFacebookページいいね!していただいた方は、ドリンク1杯プレゼント!!

これは、ディナータイムだけではなく、ランチタイムでもOK!

松田オーナー、ありがとうございます。

ということで皆さん、どしどしプレゼントゲットしちゃってください。

 

【肉バル&ダイニング PARADISO】
住所:宮崎市橘通東3丁目2-10 文化ストリートビル2 → マップ
電話番号:050-5284-8757
営業時間:ランチ 11:00~14:30、ディナー 18:00~23:00
店休日:水曜日


投稿者 Dice

Dice
自転車乗りの図書館屋。趣味は料理だが、単身赴任中なので、その腕を振るうのは自分のためだけというのがちと哀しい。 2016年から、フードアナリストとしても活動。 てげつーのアドバイザーで後見人的な人。週末に頑張って書く記事は、玄人受けで、ファンが多い。 下のガンジスカレーの記事は、佐々木俊尚さんとか著名人にもシェアされたりしている。 人気記事:宮崎空港ではガンジスカレーを食すべし!
Translate »