これが球団公認「日南カープカクテル」だ!! ー 赤鯉パーティーに潜入!


かね京かんろとカープカクテル

ショットバーでは、カクテルよりストレートウィスキー派のDiceです。
たまには格好良くカクテル頼んでみたいなと思っています。

さて先日、ikokumiさんから、2月1日の赤鯉パーティーに関する寄稿をいただいたので、初お披露目となる日南カープカクテルの正体を確認するために、乗って残そう日南線!に乗って、油津まで出かけてきました。

 

日本一のスイートピーで彩られる会場

カープロゴのスイートピー

会場の油津Yottenに到着すると、スイートピーで作られたウェルカムボードが出迎えてくれました。
これは、この赤いバックに白いCの文字は、そう、広島東洋カープのマークをかたどっているのですね。さすがにカープと共に歩む街、油津。

赤いスイートピー

こちらは、カープカラーの赤いスイートピーが球形に生けられたフラワースタンド。

宮崎県は、スイートピーの生産量日本一で、全国に流通するスイートピーの50%以上が宮崎県産なのですが、その中でも日南市は特に生産面積が広く、県下でナンバーワンを誇っているのです。
今回のスイートピーは、太陽農園さんの提供、アレンジによるものとのこと。

 

赤鯉パーティーの開幕

木藤さんの司会で開会

そうこうしているうちに定刻となり、油津と言えばすっかりおなじみのテナントミックスサポートマネージャー木藤亮太さんの司会により、「赤鯉パーティー」が開会しました。

今回のパーティーのドレスコードは、カープカラーの赤を何かしら身につけること。
木藤さんも、しっかりジャケットの下にカープTシャツを着てますね。

赤に染まる参加者の皆さん

パーティーの参加者の皆さんも、何かしら赤を身につけていらっしゃる方がたくさん。

テレビクルー

そしてこの日は、キャンプ初日とあって、広島から地元テレビ局の取材チームも来場し、熱心に撮影をされていました。

 

いよいよ「日南カープカクテル」のお披露目

蛯原三奈さん

パーティーの冒頭で、今回の主役である「日南カープカクテル」を考案した、「Wine&Bar 麦家」のバーテンダー・蛯原三奈さんが登場しました。

蛯原さんは、ikokumiさんの記事にもあったように、昨年9月に行われた全国的なカクテル・コンペティションで優勝するなど、実力派として注目の若手バーテンダーなのです。

カクテルライブ

早速、参加者の皆さんの前で「日南カープカクテル」を作るライブパフォーマンスが披露されました。

カクテルのベースになるのは、地元油津の焼酎蔵「京屋酒造有限会社」の芋焼酎「かね京かんろ カープラベル」。もちろん、原料は赤芋(宮崎紅寿芋)。
ここに、日南レモン(マイヤーレモン)、トマトジュースなどを加えてシェイクされます。

シェイカーを振る蛯原三奈さん

蛯原さん、カープのユニフォームに着替えて、ボストンシェイカーを振ります。
さすがにトップバーテンダーは、所作がいちいち美しい。

完成したカープカクテル

シェイクが終わったら、縁の一部に塩をまぶしたオールド・ファッションド・グラスに注ぎ、ブラックペッパーをひとして振りして、カットしてピックに刺したトマトと、スライスした日南レモン、糸唐辛子を飾って完成!

これが、カープ球団から公認を受けた、「日南カープカクテル」の完成形です。

みんなで乾杯

できあがった「日南カープカクテル」が来場者全員に配られ、日南市の大野副市長の発声で乾杯して、赤鯉パーティーのスタートとなりました。

この後、蛯原三奈さんは、2作目の新作カクテル「恋鯉レディ」のライブパフォーマンスに取りかかったのでした。

続いて、「恋鯉レディ」が登場!


投稿者 Dice

Dice
自転車乗りの図書館屋。趣味は料理だが、単身赴任中なので、その腕を振るうのは自分のためだけというのがちと哀しい。 2016年から、フードアナリストとしても活動。 てげつーのアドバイザーで後見人的な人。週末に頑張って書く記事は、玄人受けで、ファンが多い。 下のガンジスカレーの記事は、佐々木俊尚さんとか著名人にもシェアされたりしている。 人気記事:宮崎空港ではガンジスカレーを食すべし!