わざわざ行きたい!綾の自然に囲まれた素敵空間【cafe&zakka nicol】─綾町


PicsArt_02-17-12.11.49

スイーツ男子(25)です。

甘いもの好きですが、先日のバレンタインはしょっぱい感じでした。

あはは。

さて、ぼちぼち春の気配も出てきて、外出するのもさほど億劫でなくなってきたような気がします。

お天気の日も続いてるし、今度のお休みには少し足をのばしてドライブでもしてみませんか?

おすすめのカフェがあるんです。

綾の自然に囲まれたカフェ「nicole(ニコル)」

PicsArt_02-16-11.50.29

それは、ぐるっと自然に囲まれた、綾町の少し奥まった場所にあります。

2016年9月にオープンした、新しいお店です。

なんだか別荘感ただよう雰囲気に、入る前から期待が高まります。

扉をあけると、そこには広々とした空間。

おっきなカウンターが目に飛び込んできます。

PicsArt_02-16-11.47.47

まずはこちらのカウンターで注文を済ませます。

コーヒーやスイーツはもちろん、お腹が空いたなという方にはホットサンドなども。

今回は、黒板のイラストがあまりに美味しそうだったフレンチトーストを迷わずオーダー。

広々、贅沢な空間使いで店内はとっても開放的な雰囲気

PicsArt_02-16-11.41.58

こちら、ソファ席からの眺めなんですが、、めっちゃ良くないですか?

光と緑をいっぱいに取り込む大きな窓に、高ーーーい天井!

街なかではなかなか真似できないような、贅沢な空間使いですね。

ソファの座り心地もよいし、窮屈さをまったく感じることなくリラックスできます。

窓際のカウンター席も風情があって、ここで静かに本を読んだり外を眺めたりしたら、なんだか格好が付きそうな雰囲気ですね。

看板メニューのフレンチトースト!クレミアソフトつき

PicsArt_02-16-11.59.03

こちらの看板メニュー「フレンチトースト」は絶対にハズせない。

サービスエリアやイベント会場などで売っている、高級ソフトクリーム「クレミア」。

ニコル自慢のフレンチトーストには、ひとつ500円ほどもするクレミアがたっぷりと添えられています。

でも、驚くのはまだ早い。

な、なんとーー!

このフレンチトースト、牛乳ではなく、クレミアにたっぷりと漬け込んで作ってるんです。

えーーーー!

PicsArt_02-17-12.15.22

クレミアがたっぷり染み込んだ生地の、上からさらに追いクレミア、、とどめにハチミツをとろり。

ぜ、贅沢が止まらないよーーー。

こんなの、メチャクチャ美味しいに決まってます。

とっても濃厚なのに、すうっと甘さがほどけてゆくような軽やかさがあって、、

ボリューム感の割にペロッと平らげてしまえるのが、また恐ろしいところでもあります。笑

かわいらしい雑貨たちも、見逃せなーいっ!

DSC_3832

店内の奥には、素敵な食器や雑貨類が並ぶ一角があり、こちらも素敵な雰囲気を放ってます。

なんですか、この女子のハートを掴んで離さない感じは、、オーナーさんは、さぞかしモテるんだろうなあ。。

オーナーは、街なかの人気カフェも手がけるイケメンだった!

PicsArt_02-17-12.21.17

こちらはオーナーの熊瀬川建次さん。

なんと、街なかで人気のカフェ&バー「nesso」や「noice」を手がけていらっしゃる方でした!

どちらもオシャレ感とプライベート感が素敵で、オススメです。

ニコルでは、キャラクターのクマさんが色んなところにあしらわています。

PicsArt_02-17-12.17.51

「それは、やっぱり熊瀬川さんの名字からきてるんですか??」

と聞くと、

「それもありますけど、、見た目がクマっぽいと言われるので、そこから来てます(笑)」

そんなチャーミングさもあり、素敵な人柄を感じました。

ちなみにこちらのカフェ、二階のスペースは似顔絵アーティストさんが居るアトリエになっております。

この日はイベントで貸し切りだったので残念ながらのぞけませんでしたが、、

次は彼女と一緒に行って似顔絵を描いてもらいます!(妄想)

ほんと、わざわざ足をのばして行く価値のある非日常空間です。

デートで、女子会で、男同士でも?!ぜひぜひ行ってみてください。

【cafe&zakka nicol】
住所:宮崎県東諸県郡綾町大字入野598-7 → MAP
TEL:0985-77-2622
営業時間:11:00〜17:00(L.O.16:00)
店休日:水曜日


投稿者 こーへい

こーへい
「おもしろきこともなき世をおもしろく」がモットー。 人を楽しませることが大好きです。 が、周りからの評価は「いいやつなんだけどね…」というのがもっぱら。つらいです。強く生きよう。