【開店】お洒落な空間で気軽に味わうフランス・スペイン料理 - estudio PARIS CINQ


estudio PARIS CINQ 外観

単身赴任5年目に突入し、最近は本格的なレストランに縁遠くなったDiceです。

橘通東2丁目のバス停近く、改装オープンした宮崎信用金庫本店の北隣に、お洒落な雰囲気のレストランがオープンしたので、フードアナリストの勉強会の帰りに、アナリスト仲間を誘って出かけてきました。

お店の名前は、「estudio PARIS CINQ (エストゥディオ パリサンク)」
宮崎神宮前にある「PARIS CINQ (パリサンク)」の姉妹店になります。

テーブル席の配置

店名サインの横の細い通路を抜けてガラス張りのドアから中に入って右手、橘通り側には、2~6人掛けのテーブル席が並べられています。

テーブル席から奥を望む

テーブル席側から奥を見ると、奥はオープンキッチンになっていて、その周囲にはカウンター席がしつらえられています。

 

間近に調理を眺められるカウンター席

カウンターからキッチンが見える

カウンター席からの眺めはこんな感じ。
目の前のオープンキッチンの様子がよく見えます。

目の前で調理

最近は、キッチンの中にシェフズテーブルというお客様用の特別席を作って、シェフと会話しながら調理の様子を眺められるサービスを提供するレストランもありますが、こちらは、カウンター席が全てシェフズテーブルのよう。

オープンキッチンを採用するレストランも増えていますが、調理の様子をこんなに間近で克明に眺められるレストランは滅多にありません。

初めてのデートならテーブル席をオススメしますが、一人の時や気心の知れた仲間と行く時は、絶対にカウンターに陣取るのがオススメですね。

 

実は、個室もあります

個室

テーブル席とカウンター席だけかと思ったら、店の奥は深くて、レジを横を抜けて奥に進むと、6席のテーブルがある個室もありました。

このタイプの個室が並んで2つあって、仕切りをはずすと、最大12席の個室として使えるということでした。

大切な商談や打ち合わせ、プライベートな会合などの際は、こちらを利用するのも良いですね。

 

セッティングからお洒落

テーブルセッティング

席に着くと、テーブルにサービスプレート(プレゼンテーションプレート)が置かれ、ナプキンとカトラリーがセットされます。

この黄色くて、切り株の年輪を感じさせるサービスプレートが、なんともお洒落。
思わず手に取って、裏側まで見てチェックしてしまいました。

オーナーによると、「日本のひなた」のロゴマークをイメージして選んだものらしいです。

 

まずは、飲み物をオーダー

ワインリスト

ワインリストには、ソムリエの阿部誠さんおすすめの今月のワインということで、泡、赤、白それぞれ2~3種が並んでいます。
グラス1杯のお値段は、スペイン産の550円から、シャンパーニュの1,200円までと、お好みと財布の事情に合わせて選べます。
リストを見てもよくわからない場合は、好みを伝えると、ソムリエが選んでくれるので、お任せするのも良いでしょう。

ノンアルコール飲料も揃っていて、車の二人は、ノンアルコールの発泡性ワインをオーダーしていました。

大岐夫妻によるサービス

オーダーが決まったら、オーナーで料理長兼ソムリエの大岐裕司さんと、ブライダルコーディネーターでもある奥様の千香さんがサーブしていただきました。
喉を潤したら、料理のオーダーです。
この日は、21時を過ぎて入店したので、コースではなくてアラカルトでもオーダー可能でした。
がっつりと食べるつもりはなかったので、その旨とおおよその予算を大岐料理長にお伝えしたら、
「それでは、ミニコースでお出ししましょう。」
と仰るので、お任せすることにしました。

そうして出された驚きの料理の数々、次のページでご紹介しましょう。

続きはこちら

目でも楽しめる絶品料理


投稿者 Dice

Dice
自転車乗りの図書館屋。趣味は料理だが、単身赴任中なので、その腕を振るうのは自分のためだけというのがちと哀しい。 2016年から、フードアナリストとしても活動。 てげつーのアドバイザーで後見人的な人。週末に頑張って書く記事は、玄人受けで、ファンが多い。 下のガンジスカレーの記事は、佐々木俊尚さんとか著名人にもシェアされたりしている。 人気記事:宮崎空港ではガンジスカレーを食すべし!