25歳のUターン女子が主宰する「みやざき星空映画館」に秘められた想いに感激!


8

はじめまして。「パッション猪野」と申します。

先日、GWのおすすめイベント記事で紹介していた「みやざき星空映画館」にいってきました。

星空映画館とは、星空の下、野外スクリーンで映画を楽しめるという、とっても素敵なイベントなんです。

コンセプトは、「全ての年代の方に宮崎の自然を体感してほしい!」だそう。

友達、家族、カップル、お年寄り、全ての人が素敵な時間を過ごすことができるんですっ!!!

てげたまらんー!

星空映画館 in 生駒高原

4

日沈前、スクリーンの前には大勢のカップルやファミリー。

シートや椅子を置いて、映画が始まるのを待っています。

生駒高原の綺麗なポピーと、雄大な山々。

そして高い空にかかる飛行機雲。

まさに贅沢な過ぎる映画館でございます。 

そしてそして、日が沈むと、、、、

ろうそくの灯りがとっても幻想的!

1

空にはキラキラした星があって、空気は澄んでいて。

そんな環境の下でぼんやり映画を見ていると、

なんだか疲れた心が「ふわぁ~っ」と軽くなったというか、綺麗に洗われたというか、、、

ゆったり自然を楽しむ機会ってあまりなかったけど、想像以上に気持ちよかったです。

伝えたいのは、熱い想い!

5

真ん中でブルゾンちえ○さん風のポーズを決めてくれている女性は、星空映画館の企画者である大塚可奈子さん。

大塚さんの考え方と行動力が、私はとっても素敵だと思いました!

実は、この企画は完全にボランティア運営で、利益は全て次の企画の資金に回すとのこと。

なぜ、わざわざこんなことをするのか。

お話を伺うと、大きな理由は2つあるそうです。

①「もったいない!!」という想い

3

大塚さんは、進学と就職で7年間、地元宮崎から離れていました。

帰ってきて思ったのが、「宮崎は海が綺麗で空が広い、、この自然豊かな環境で生活できるのはホントに贅沢だ!」ということ。

大塚さんはこんなことをおっしゃっていました。

「宮崎にずっと住んでる人は、海とか山とか行かないけど、もったいない!
だから外に引っ張り出しちゃおうって思ったんです、ちょっとお節介だけど(笑)。」

私も宮崎を離れてみて「宮崎てげいいやん!」って思ったので、この言葉にすっごく共感しました。

宮崎には何もないって言葉をよく耳にしますけど、実は、ないというより気づいてないだけなのかも知れませんよね。

②「豊かな人になりたい!!」という想い

6

驚いたことに、大塚さんは特に映画に詳しいわけでも、イベント運営の経験が豊富なわけでもありませんでした。

「全ての年代の方に宮崎の魅力に気づいてほしい」一心で、手さぐり状態のなか星空映画館の実現に奔走。

広告協賛のお願いで会社を回り、クラウドファンディングで資金を集め、ときにはお宅を訪問してビラ配りまで。

壁に当たる度に、勇気を振り絞って行動してきたそうです。

7
(高所での設営作業を自ら行う大塚さん)

ここまで自分の身を削って挑戦するその行動力の根っこには、「豊かな人になりたい」という信念があるそうです。

大塚さんの想像する豊かな人とは、”たくさんの失敗を経て、色んな経験や多くの知識を持ち、人の気持ちを理解できる人”。

そんな人を目指すために、失敗を恐れず、挑戦することを大事にしているのだそう。

猪野も今回、大塚さんの話を聞いて「一発挑戦しようかなっ」って刺激を受けています。

みなさんも是非、挑戦していきましょう!!

9

2 寄稿者:猪野泰樹
「パッション猪野」と申します。
熱いこと大好きです。熱い人!大好きでーーーす!!!
熱く、そしてノリノリで伝えていけたらと思います!!!!!
ガオォォォ~(暖かい目で見て下さい笑)

投稿者 宮崎てげてげ通信ライター

宮崎てげてげ通信ライター
宮崎県内の地元の人だからこそ知っているおすすめの「グルメ」「観光」情報を軸に、地域の安全安心につながる情報の提供にも取り組んでいきます。 人気記事ランキング