【開店】カンカン市で発見!「ホルモンのやすちゃん 市場店」(宮崎市)


やすちゃん外観

こんにちは、朝笙玖一(あさぶえきゅういち)です。

6月に入り、ようやく梅雨を迎えた宮崎。
庭先では、まだ小ぶりな花を咲かせている雨待ちアジサイが、先ほど降り始めた雨粒に揺らされ、本格的な開花準備に入ったようです。

さて今回は、宮崎市新別府(しんびゅう)町にある宮崎市中央卸売市場「カンカン市」に出かけてきました。
そこには、新たな発見と出会いがありましたよ。

 

関連店舗と感謝でカンカン市

カンカン市フライヤー
画像出典:宮崎市中央卸売市場 市場商店街Webサイト

「カンカン市」は毎月第1・第3土曜日の10時~13時に、宮崎市中央卸売市場の市場商店街が、関連店舗と食堂街を開放して行っている定例イベントです。

関連店舗のカンと感謝のカンで感謝を込めての市ということで、「カンカン市」と名付けられたそうです。

今回は、「とうもろこしフェア」ということで、とうもろこし好きな筆者としてはいやが上にも胸が高鳴ります。

カンカン市看板

宮崎市中央卸売市場に到着すると、入口に「カンカン市」の案内が。
直進すると立ち入り禁止区域に入ってしまうので、すぐに左折して、一般開放区域にある関連店舗へと向かいます。

 

カンカン通り

カンカン通り入口

食堂街の前を東へ進むと、ここが「カンカン市」の開かれる関連商品店舗棟「カンカン通り」の入口です。

混雑ぶり

中に入ると、既にすごい人の数です。
みなさん活気ある市に、目を輝かせています。

パン

綺麗に陳列された手作りのパンも、リーズナブルな値段。
美味しそうな匂いが漂っています。

新鮮な肉

他にも新鮮なお肉や、

お菓子

昔なつかしいお菓子。

陶器

問屋処分品の陶器も売っていました。
お茶が好きそうな少年も興味津々です。

いろいろな商品が並ぶ

このように、通りには色々な商品が所狭しと並んでいます。
買い物上手な主婦のみなさんも、きっと満足することでしょう。

 

魚のふるまいもあるよ!

魚のふるまい

少し進むと行列が出来ていました。
今回は、赤カマスのふるまいが行われているのです。
慌ててシャッターを切りますが、ふるまいも残り少なく、カマスの画が撮れなくて残念。
受け取った方は、にこにこです。

人だかり

こうしてあちこち覗きながらぶらぶらしていると、「カンカン通り」中央にある、関連店舗組合展示場に人だかりができていました。
おお、これは!

とうもろこし1本100円!

とうもろこし、1本100円!
安いっ!

茹でとうもろこし

飛ぶように売れていて、残り少なくなっていました。
筆者ももちろん購入して食してみましたが、口に広がる強い甘みとあふれ出してくる水分で舌と心が幸せになりました。それに100円ですし。

その、とうもろこしを売る、となりでは……、

 

激ウマ! ホルモンの試食

ホルモンの試食

カンカン市のポスターにも掲載されていた、ホルモンの試食販売を行っていたのは『ホルモンのやすちゃん』
こちらのほうにも行列ができていました。

ミックスホルモン

早速、試食させてもらったのは、ミックスホルモン。

ミックスホルモンの試食

味付けはオリジナルだそうで、口に入れた途端にお肉の旨味と味噌だれの風味が広がり、素直に「ウマイ!」と言葉が出てしまいました。
噛むとコリコリとしたモツの食感も相まって、唾液腺が刺激されて頬が心地よい痛さを感じます。思わずお酒が飲みたくなってしまいましたがガマンです(笑)。

やすちゃんの3人

試食販売をされていた方に詳しくお話しを伺ってみると、本日がオープン初日だそうで、「カンカン市」に合わせてオープン日を調整したそうです。
そこで、お店のほうに行ってみることにしました。

 

ホルモンのやすちゃん 市場店

やすちゃん外観

こちらがその店舗。
オープン直後ということで、オレンジ色の真新しい看板がとても目立ち、遠くからでもお店の場所が分かります。

下永政司さん、千佐子さん夫妻

店長の下永千佐子さん(写真左)と、そのご主人の下永政司さん(写真右)ご夫婦。

この「ホルモンのやすちゃん」は40年の伝統があり、店長の千佐子さんで二代目。
元々は千佐子さんのお父さまが清武町の黒北でお店をされていたそうです。

今は、黒北のお店は閉められて、清武町池田台にてお父さま直伝の秘伝のたれを受け継いだ『ホルモンのやすちゃん』を経営されています。

販路拡大を目指し、オープンしたこのお店は二店舗目になり、このカンカン通りに出店するにあたりご主人の政司さんは脱サラをされたそうです。

ホルモンのやすちゃん店頭

「私たちの代で考案した塩ホルモンや塩せんまいを食べてみてください。ミックスホルモンは数に限りがありますのでお早めに」
と、気さくに話す政司さん。

「ホルモンや食べ慣れない食材(特にミノ)の食べ方を広めること、それと飲食店を経営できるといいですね」
と、夢を語る千佐子さん。

ホルモンの美味しい食べ方についてもアドバイスをしていただけるということなので、
「気軽にご相談ください」
とのことです。

また、どうしても遠方なので来れないよ~、というかたには朗報です。
↓こちらで通販も開始されたそうですっ!
「ホルモンのやすちゃん
Net Shop」

ホルモン食べてスタミナつけて、暑い夏を乗り切りましょう!

 

【ホルモンのやすちゃん 市場店】
住所:宮崎市新別府町雀田1185 宮崎市中央卸売市場内 関連店舗
電話:0985-40-1341
営業時間:7:00~14:00
定休日:日曜・祝日・水曜不定休
Webサイト:https://miyazaki.mypl.net/shop/00000345037/

宮崎の台所で行われているカンカン市。
みなさんも活気のある市に出かけて、いつもと違う刺激を味わってみてはいかがでしょうか!?

 

あんDoプロフィール寄稿者:朝笙玖一

文章を書くとストレスが発散するという特異体質。ひっそりと作家を目指している。
ZONEに入ると、ひとの話しが聞こえなくなり、ご迷惑をおかけしております。
水辺に行くと心が落ち着くのは、水属性か生まれ育ったのが青島だからだろうか。酒を飲むと、よー喋る。


投稿者 宮崎てげてげ通信ライター

宮崎てげてげ通信ライター
宮崎県内の地元の人だからこそ知っているおすすめの「グルメ」「観光」情報を軸に、地域の安全安心につながる情報の提供にも取り組んでいきます。 人気記事ランキング