福岡で宮崎を満喫! 「みやざきフェス2017」開催!!


みやざきフェス・バナー

7月9日(日)、福岡市中央区春吉にある「HOTEL IL PALAZZO (ホテル イルパラッツォ)」の地下「ザ・オーナーズスイート」において、福岡市では初の宮崎フェスとなる「みやざきフェス2017」が開催されました。

このイベントは、藤澤太郎さん(株式会社ジャスマック 宿泊事業部長 兼 HOTEL IL PALAZZO支配人、日南市出身)の呼びかけにより集まった、田部ひとみさん(みやざきブランドアンバサダー、宮崎市佐土原町出身)をはじめ、飲食店経営者、会社経営者などの在福宮崎県出身者5人で構成される「みやざきフェス実行委員会」が、「NO MIYAZAKI NO LIFE」をテーマに企画したものです。

そこに、宮崎県福岡事務所宮崎日日新聞社福岡支社、福岡みやざき応援団、都城市えびの市日南市椎葉村観光協会並びに酒造メーカー各社にも協力をいただき開催の運びとなりました。
皆様、ありがとうございます。

当日は、宮崎を代表するパーソナリティDJ POCKY田部ひとみさんがMCを務め、「みやざきブランドアンバサダー」たちが選び抜いた素材で作られた「宮崎のリゾートグルメ」や、宮崎県出身の4名のアーティストによるライブパフォーマンスなどが披露され、参加総数250人(事務局発表)が、宮崎を身近に感じる3時間を過ごしました。

 

オープンニングアクトは、椎葉神楽

椎葉神楽
写真提供:村上敏之氏(京筑フィルムコミッション)

イベントは、椎葉村観光協会による「椎葉神楽」の演舞で幕を開けました。
開演の13時が近づくと、会場は暗転してスモークが焚かれ、太鼓と笛によって奏でられる幻想的な音楽に合わせながら、2人の舞手が力強い演舞を披露しました。

その余韻が醒めないうちに、2人のMC2が登場し、第一部「宮崎リゾートグルメ」について、説明が行われました。

今回は、「みやざきブランド推進本部」から提供された、ピーマン、カラーピーマン、ゴーヤー、平兵衛酢、きゅうり、宮崎ブランドポーク、みやざきせんぎり大根、完熟マンゴー、サニールージュ、パパイヤ、佐土原なすなどを筆頭に、下記の自治体及び企業からたくさんの食材が提供されました。

都城市(都城産鶏肉20kg)
えびの市(ひのひかり10kg)
日南市(魚うどん)
株式会社新海社(宮崎ゴールドカンパチ)
成合へべす園(平兵衛酢)

提供された食材については、それぞれのご担当者がステージに登壇され、その特徴や魅力について、説明が行われました。

 

「みやざきブランドアンバサダー」監修の料理

みやざきブランドアンバサダー
写真提供:田部ひとみ氏(みやざきブランドアンバサダー)

これらの食材は、「みやざきブランド推進本部」から委嘱を受けた「みやざきブランドアンバサダー」の皆様の手によって、以下のような「宮崎リゾートグルメ」となって来場の皆さんに提供されました。

宮崎リゾートグルメ
写真提供:小野理恵氏(みやざきブランドアンバサダー)/竹森尚彦氏(宮崎県福岡事務所)

【冷製】
・みやざき野菜の彩りサラダ
・みやざき野菜のラタトゥイユ
・カンパチ“みやざきゴールド”のカルパッチョへべす風味

【温製】
・都城産鶏モモ肉のマスタード風味パン粉焼きディアヴル風
・都城産鶏モモ肉 全国からあげ選手権金賞 プーラビーダのチキン南蛮
・みやざきブランドポークと宮崎産ゴーヤのゴーヤチャンプルー
・みやざきブランドポークのローストポーク
・みやざきブランドポークカツサンド
・みやざきゴーヤのゴーヤーボート

【ごはん・麺】
・えびの米のおにぎり 延岡北浦の月塩で
・えびの米と宮崎産きゅうりの冷汁
・日南魚うどん

【スイーツ】
・みやざきマンゴー・パパイヤ・サニールージュのマンダリンオレンジ風味テリーヌ
・みやざきフルーツのアンティエとクープ盛り合せ

【ドリンク】
・みやざきフルーツのサングリア
・みやざききゅうりとへべすのデトックスウォーター

会場で振る舞われたみやざき焼酎
写真提供:みやざきフェス実行委員会

以上、野菜、米、肉、魚と、様々な宮崎食材を使ったフルコースを堪能させていただきました。
これほどの料理が揃うのは、宮崎県内のパーティーでも滅多に無いのではないでしょうか?
宮崎の食材の持つポテンシャルに、参加の皆さんも大満足のご様子でした。

 

第二部は「NO MUSIC NO MIYAZAKI」

ミュージック・ステージ
写真提供:村上敏之氏(京筑フィルムコミッション)

「リゾートグルメ」を楽しみながら、会場に流された各自治体のご当地動画や酒造メーカーの動画を見た後、第二部の、宮崎県出身の音楽アーティストのライブパフォーマンス「NO MUSIC NO MIYAZAKI」に突入しました。

第二部のオープニングを飾るのは、みやざき犬・ひぃくんのライブパフォーマンス。
体を張ったそのキレキレの踊りっぷりに、どんどん会場は盛り上がっていきました。

ひぃ君に続いて登場したアーティストは、
BigFumi(自称「九州で一番体の大きいシンガソングライター」)
イシイシイ(自称「着火系シンガーソングライター」)
Ikkyu(2017年8月19日「まつり宮崎」に登場。自称「焼酎の妖精」)
立川 翼(2017年9月から全国ツアーを開始)
の4人でした。

いずれの皆さんも歌唱力、MCパフォーマンスともにすごく、わずか1時間あまりなのが残念なほど、非常に楽しい時間を提供していただきました。

特に、立川翼さんのライブの途中では、DJ POCKYさんが飛び入りで参加し、「愛のフェニックス」を歌うというサプライズもありました。
その際はひぃくんも再登場して、キレのあるダンスパフォーマンスを披露してくれました。

 

次は野外で1,000人規模だ!!

実行委員会メンバー
写真提供:村上敏之氏(京筑フィルムコミッション)

この「みやざきフェス」は、今回が第1回目でしたが、「みやざきフェス実行委員会」代表の藤澤太郎さん(写真左端)は、イベントの最後の締めの挨拶で、
「来年以降は、このフェスを野外で開催し、参加者1,000人規模のイベントに育てていきたい!」
と、毎年の開催を力強く宣言されました。

来年はどういう内容で、どういう取り組みをしていくのか、今後のみやざきフェスに期待したいと思います。

 

山中勇輔さんプロフィール寄稿者:山中勇輔

延岡市生まれの宮崎市育ち。
転校回数8回で、小学校から高校まで「入学した学校」と「卒業した学校」が一度も一致したことがない。
現在は福岡在住。在福宮崎県人会個人賛助会員。
『中小企業がパートナーとして選びたい福岡の30人』(共著)


投稿者 宮崎てげてげ通信ライター

宮崎てげてげ通信ライター
宮崎県内の地元の人だからこそ知っているおすすめの「グルメ」「観光」情報を軸に、地域の安全安心につながる情報の提供にも取り組んでいきます。 人気記事ランキング