夏の冒険にオススメ! 神秘の青い湖・六観音御池 / えびの市


こんにちは! 夏真っ盛りですね~。
この季節になると、夏らしい風景や冒険を求めてどこかへ行きたくなりませんか?

そこで見ていただきたいのが、この画像。

8

四方を山に囲まれ、青く輝く不思議な湖。
火山の爆発でできた穴に水が溜まって形づくられた火山湖「六観音御池」です。

酸性湖のため魚は生息しておらず、透明度が高い上、火山岩の微粒子が混入して太陽光を反射するため、美しい青色に輝いて見えます。
ダイナミックな地球の息吹を感じられる、火山地帯の神秘的な造形美。

今回は、この美しい火山湖を見に行くトレッキングコースをご紹介したいと思います。

 

出発地点はえびのエコミュージアムセンター

trekking (1)

所在地は、宮崎県えびの市。
「えびのエコミュージアムセンター」の裏側からスタート。
真夏の暑い時期は、山頂の直射日光がきついので、早朝の登山をおすすめします。

2

周囲に茂る木々が木陰を作り出しているので、夏でも比較的涼しく歩けます。

3

この辺りにはアカマツが生い茂り、赤い木肌と緑の葉のコントラストがきれい。
運が良ければシカに出会えるかも。

 

分岐点を二湖パノラマ展望台へ

4

20~30分ほどで分岐点へ。
これを、白鳥山/二湖パノラマ展望台方面へ進みます。

5

ここからは急な斜面で息が上がりますが、5分程度でたどり着くので、しばしのご辛抱を。
登るにつれ視界が開けてきて…。

6

空が近い。夏の光が気持ちいい。

 

展望台からの風景を満喫!

7

パノラマ展望台からは、韓国岳も望めます。

8

そして冒頭の画像・六観音御池
夏の時期は、輝く緑に囲まれた湖。
秋の時期に訪れると、赤や黄色に紅葉した木々に囲まれた風景を見ることができます。

9

もう一つの火山湖・白紫池も望めます。
白紫池は、水深が1-2mと浅く冬の時期になると全面が氷結するため、昔はスケートリンクとして使われていました。

10

山頂で食べるお弁当は最高です。

11

火山湖を眺めて、来た道を戻れば所要時間1時間弱。
この位なら、普段登山しない人でも歩きやすいのでは!?
カメラを持って出かけてみてはいかがでしょう。

 

他にもいろいろトレッキングルート

120824111942201208241120550i
参照元:「えびの高原池めぐり」(えびの市Webサイト)

これだけじゃ物足りなという方は、このまま白鳥山へ進んで六観音御池→不動池と進むルート「えびの高原 池めぐりコース」もあります。
所要時間2時間~2時間30分。こちらも、初心者でも歩きやすいルートです。

程よく汗をかいて身体を動かしたら、最後は白鳥温泉に入って帰るのも良さそうですね。

流れ込む川もない場所にある湖。火山の地下水面が水源というのが何とも不思議です。
地球の神秘に触れたようで、その造形美に圧倒されるばかりです。

春夏秋冬、どの季節に訪れても、それぞれ違った風景を見せてくれます。
ぜひ行ってみて下さい。

お出かけの際は、霧島山活動情報のチェックを心がけて、山を楽しんでくださいね。

それでは。

【えびの市WEBサイト】

 

yokota-profile寄稿者:横田千恵美
鹿児島在住フリーライター。温泉とヤギが好きです。
SPOTというメディアで宮崎観光特集を書きました。
チキン南蛮は、モモ派です。


投稿者 宮崎てげてげ通信ライター

宮崎てげてげ通信ライター
宮崎県内の地元の人だからこそ知っているおすすめの「グルメ」「観光」情報を軸に、地域の安全安心につながる情報の提供にも取り組んでいきます。 人気記事ランキング