【開店】ワインにも合いそうなオシャレな餃子のお店-生餃子製造直売 ハチサンイチ/三股町


PicsArt_09-17-01.31.42
参照元:831gyouza

つるんとした生地にこんがりとした焼き目、みなさん、餃子、好きですよね?!

宮崎市が餃子購入額のランキングで2年連続全国3位にランクインするなど、理由はさておき、宮崎人が餃子ラブなことに間違いはなさそうです。

今日は餃子を愛する宮崎のみなさんに、これまでの餃子へのイメージが一変すること間違いナシ!なお店をご紹介ー。

三股町にオープン!生餃子の製造直売店

PicsArt_09-17-01.58.37

都城市の隣に位置する、北諸県郡三股町。

「HEARTYながやま 三股店」そばに9月14日(木)にオープンしたばかりのコチラ「生餃子製造直売 ハチサンイチ」。

オープンするなり大人気!ということで、その人気の秘密に迫ってみましょう。

DSC_0342

広い店内では、持ち帰り用餃子の店頭販売をしていると同時に、カフェスタイルのイートインスペースが備えてあります。

テーブル席とカウンター席がそれぞれ複数あり、店内でゆっくり、アツアツの餃子を楽しむことができます。

キムチ餃子にパクチー餃子?!バラエティ豊かな創作餃子

PicsArt_09-17-02.10.52

ショーケースの中には10種類ほどの餃子がずらりと。

中にはパクチー餃子、バジル餃子など冒険心をくすぐられるような変わり餃子もあって、選ぶ楽しさと悩ましさがありますね。

季節によって種類を入れ替えていくそうで、旬の食材を活かした創作餃子なんてのも楽しめそうです。

レジカウンターの奥には、大きな機械が目立ちます。

PicsArt_09-17-11.54.00

このメカメカしいモノはそう、餃子製造機。

新鮮な食材がお店に運び込まれ、ココで餃子に生まれ変わっているのです。

つまり、店内にはいつでも出来立ての餃子が並んでいるってワケですね!

慶珉が40年磨き続けた絶品餃子をご家庭で

PicsArt_09-17-01.20.38

「ハチサンイチ」はなんと、創業40年の老舗ラーメン店「慶珉」グループの新しいお店なのです。

長きに渡って宮崎人のお腹を満たし続けている慶珉さんのお味ということで、もう間違いナシ。

焼き餃子、生餃子とチョイスできますが、生餃子だとお店みたいに上手く焼けない、、と心配になりませんか?

でも大丈夫、上手な焼き方の指南書を同封してくれるので安心してご購入いただけます。

さあ餃子パーティの開幕だ

PicsArt_09-17-11.36.58

わー見てくださいこの目にも楽しい鮮やかさ!

店内で餃子定食をいただいたのですが、今回は取材ということで特別に色んな種類を焼いてくださいました。

まず基本の831餃子は、都城産・味彩豚のジューシーさと野菜のフレッシュさが皮の中でしっかりとひとつになり、ひと口で途端に幸せ。

野菜のシャキシャキ感が残るようにひと工夫加えてあり、食感も楽しく印象的です。

ランチタイムの餃子はにんにくが抜いてあるとのことで、午後の仕事にも響かず安心。

各フレーバー餃子の気になる色は、フリーズドライの食材パウダーを皮に練り込むことによる自然な発色だそう。

DSC_0350

皮も国産の小麦を使用しているので、子どもにも安心して食べさせることができます。

具材と皮が一体となってそれぞれのフレーバーを楽しめ、ただ変わった具材を入れてみました、というものとは明らかに異なります。

こーへい的には特にチーズ餃子と梅しそ餃子がお気に入り。

車でさえなければ、ぜひワインと合わせてみたかった、、絶対合うはず!

なんと肉無し!野菜オンリーの大地の恵み餃子

PicsArt_09-17-11.41.42

こちら見た目は普通の餃子ですが、なんとつなぎの脂以外には肉を使用しておらず、具材は野菜のみ。

お肉がないことで物足りなさを感じるかと思いきや、これがまためちゃくちゃ美味いんです。

ごまかしのない、素材の旨味をダイレクトに味わっている感じです。

若くて活気のあるスタッフさんたち

PicsArt_09-18-07.10.25
参照元:831gyouza

こちらは店長の下別府祐也さん。

テレビ取材が来たときには緊張しまくって、何も喋れなかったと恥ずかしそうにカミングアウトしてくださるなど、素朴な人柄が素敵。

店長さん以外にも慶珉の各店舗で活躍されているスタッフ達が集結していましたが、皆さん若くてパワーにみなぎっていました。

ちなみに店長オススメの餃子は「831餃子」だそう。

ベーシックタイプの餃子だからこそ味には最もこだわっているため、まずはこちらから味わっていただきたいとのことです。

宮崎の農業を守るための6次産業化モデル

FB_IMG_1505733124466

取材中、有限会社慶珉の代表取締役・溝口恵水さん(写真右)から様々なお話を伺いました。

お店では自社農園や契約農家さんから仕入れた宮崎産の食材を極力使うことにこだわっており、そのこだわり様は、オール宮崎産でないことに悔しさを見せるほど。

生産・加工・販売まで一手に行うこちらのお店のような方式は、6次産業と呼ばれ、最近注目されていますよね。

溝口さんは6次産業化する理由として、農家さんの所得水準を上げるためと語ります。

「契約農家さんの中には、君くらいの年齢の若者も多くてね。彼らが安定した所得を得て、安心して農業を続けられるように僕はチャレンジしていきたい。」

自社の若手の積極的な登用など、次世代の担い手へ懸ける想いに溢れる、とても人に厚い方でした。

オシャレな餃子でホームパーティしたくない?

PicsArt_09-18-07.10.49
参照元:831gyouza

家族や仲間と集まって、カラフル餃子で餃子パーティなんて、最高に盛り上がりそうで憧れます。

でも三股町はちょっと遠いなあと諦めている方、ご安心を。

ネット通販も近日開始予定だそうなので、ホームページを要チェック!

新しい餃子の可能性、皆さんもぜひ楽しんでみてください。

ではでは。

【生餃子製造直売 ハチサンイチ】
住所:宮崎県北諸県郡三股町稗田55−16
map
電話番号:0986-57-8318
営業時間:10:00-20:00
店休日:不定休


投稿者 こーへい

こーへい
「おもしろきこともなき世をおもしろく」がモットー。 人を楽しませることが大好きです。 が、周りからの評価は「いいやつなんだけどね…」というのがもっぱら。つらいです。強く生きよう。