サントリーから今年も出ました!夏の日向夏チューハイ


サントリー公式画像
画像出典:サントリー ニュースリリース

日向夏果汁入りのアルコール飲料を追いかけ続けている、Diceです。

昨年の6月に夏季限定で発売され、テゲツー!でもお伝えした、サントリーチューハイ「-196℃」〈夏の日向夏〉ですが、昨年の販売実績が良かったたようで、今年も昨年と同様に、〈夏のキウイ〉とともに夏季限定発売されることになりました。

日向夏フレイバー、すっかり定着してきているようで、宮崎県民として嬉しい限りです。

 

夏の夕暮れをイメージしたデザイン

夏の日向夏チューハイ

発売は6月5日(火)からだったのですが、なかなか出会うことができないまま過ごしておりました。
これではいかんと、気合いを入れて探しに走り、近所のコンビニやスーパーを数店回って、ようやく見つけることができました。

昨年のパッケージはブルーが基調で、青い空に輝く太陽のような日向夏をイメージさせるデザインだったのですが、今年は赤紫基調に変更になり、
「夕暮れ時の宮崎の海辺と日向夏のイラストを大きくあしらい、季節感と中味の特長を表現しました。」(サントリー ニュースリリース)
という、宮崎のだれやみ時にぴったりのデザインになっています。

 

すっきりクリアなフレーバー

グラスに注いで

氷を入れたグラスに注いでみました。
昨年も同じような写真を撮った記憶がありますが、適当なグラスがこれしか無いのでご容赦を。

色は透明でクリア。
香りもそれほど強くはありませんが、日向夏のあの華やかな香りが感じられます。
味の方は、甘さ控えめで酸味も優しく、アルコール分も5%なので、見た目どおりに爽やかでクリアな味に調整されています。
これが、「まるごと凍結した果実を微粉砕しアルコールに浸漬する独自の“-196℃製法”」のたまものでしょうか。
これは、食中に飲んでも料理をあまり邪魔しない感じですね。

今年の、サントリーチューハイ「-196℃〈夏の日向夏〉」、350ml缶だけの発売ですが、季節限定出荷なので、売り切れる前に是非一度お試しください!


投稿者 Dice

Dice
自転車乗りの図書館屋。趣味は料理だが、単身赴任中なので、その腕を振るうのは自分のためだけというのがちと哀しい。 2016年から、フードアナリストとしても活動。 てげつーのアドバイザーで後見人的な人。週末に頑張って書く記事は、玄人受けで、ファンが多い。 下のガンジスカレーの記事は、佐々木俊尚さんとか著名人にもシェアされたりしている。 人気記事:宮崎空港ではガンジスカレーを食すべし!
Translate »