今年も全品食べ比べました!! - ご当地グルメコンテスト2018 in まつり宮崎


バーガー・サンドイッチ編

丼物・麺類編に続いては、同じく主食系で、パンを使ったバーガー・サンドイッチ編。
このジャンルでは、次の4市町が出品。

 

宮崎市「みやざきじとっこバーガー」

宮崎市ブース

宮崎市は、宮崎県が誇るブランド鶏「みやざき地頭鶏」の様々な部位をミンチにして揚げた鶏メンチカツを、レタス、トマトと一緒にバンズではさんだバーガーを出品。

宮崎市「みやざきじとっこバーガー」

肉そのものに旨味のある「みやざき地頭鶏」のメンチカツは、意外と軽やかながら、噛み締めると旨味がじわりとしみ出てきて、様々な部位が使われていて食感の変化もあり、豚や牛のメンチカツとは違った味わいがあります。
そのメンチカツの旨味を受け止めるバンズにもう少し力強さが欲しいところですが、ヘルシーで美味しいバーガーという点では、面白い一品です。

 

えびの市「えびのいもこ豚ベリードック」

えびの市ブース

えびの市は、えびの産の米や焼酎粕を飼料として育った「いもこ豚」の豚バラ(ベリー)を漬け込んで焼いたものを、レタスとともにドッグ用のバンズではさんだホットドッグで勝負。

えびの市「いもこ豚ベリードッグ」

ドッグ用のパンからはみ出す「いもこ豚」のベリーの大きさ、見た目のインパクトがハンパないです。
厚みも1cmくらいはあるので結構なボリュームで、これ1本食べたら、もう他には入らないかもしれないと、ちょっとたじろぐ感じすらあります。
少し甘辛く味付けされたベリーは、脂の甘みと旨味も十分で力強く申し分ないのですが、パンの方が、その力強さを受け止めるには少し弱い感じもします。
それでも、ガッツリ食べたい方にはオススメの1本です。

 

国富町「ヘルシーわんぱくサンド」

国富町ブース

国富町は、全国的にも有数の生産量を誇る千切り大根や、にんじん、きゅうりの千切りなどのたっぷりの野菜と豚肉の冷しゃぶを「国富製パン所」の一番人気「白パン」ではさんだ、ヘルシーサンドを出品。

国富町「ヘルシーわんぱくサンド」

一見、かなりボリュームがありぞうですが、野菜が多いので、意外にぺろりと食べられます。
たっぷりの野菜に、こくと旨味を加える豚しゃぶ、小麦粉をオリーブオイルと塩、水のみで捏ねて作られた「白ぱん」のバランスが絶妙で、完成度の高い一品です。

 

五ヶ瀬町「特ホルドッグ」

五ヶ瀬町ブース

五ヶ瀬町は、2013年のご当地グルメコンテストで優勝した「特ホル丼ナイアガラversion」や、宮崎ブーゲンビリア空港3階にある「夢かぐら」でもメニューとして提供されている「五ヶ瀬特ホル丼」で使われている宮部の「特ホル」(豚はらみ)をソーセージにしてホットドッグにした「特ホルドッグ」を出品。

五ヶ瀬町「特ホルドッグ」

ボリューミーの見た目で、レタスやパプリカ、紫タマネギのスライスなどバランスもよく考えられていますが、ケチャップがパンの部分までかかっているのがちょっと美しくないかも。
「特ホル」に期待するメンバーが多かったのですが、ソーセージにしてしまうと特ホルの特徴が薄れてしまって、普通のホットドッグ感が出てしまったのがちょっと残念。
しかし、十分に美味しいホットドッグでした。

 

以上、バーガー・サンドイッチ系4種類もクオリティが高く激戦ですが、ライター陣の総合評価が最も高かったのは、「ヘルシーわんぱくサンド」(国富町)でした。

続いて、単品肉料理編をお送りします。

続きはこちら

単品肉料理編


投稿者 Dice

Dice
自転車乗りの図書館屋。趣味は料理だが、単身赴任中なので、その腕を振るうのは自分のためだけというのがちと哀しい。 2016年から、フードアナリストとしても活動。 てげつーのアドバイザーで後見人的な人。週末に頑張って書く記事は、玄人受けで、ファンが多い。 下のガンジスカレーの記事は、佐々木俊尚さんとか著名人にもシェアされたりしている。 人気記事:宮崎空港ではガンジスカレーを食すべし!
Translate »