間もなく解禁! 大人気のいせえびを食べよう!! 最後にプレゼントも!!!


かご盛りのいせえび

海の幸の中でも特に貝や甲殻類が大好物なさこっちです。

太平洋に面した南北に長い海岸線を持つ宮崎では、温暖な黒潮に育まれたさまざまな種類の魚介類にも恵まれています。
中でも、特に人気もポテンシャルも高いのが、いせえび

いせえびは、その姿の豪華さから結婚式や祝い事の料理などに利用されることが多いのですが、その理由は、いせえびが腰を曲げたひげの長い老人に見えることから健康長寿のシンボルとして知られていたり、茹でた後の赤色が病気にならないように邪気を払う縁起のいい色であることや魔除けなどの意味もあるからと言われています。

このいせえび、普段は浅い海の岩場などに生息していますが、眩しい光が苦手なため、昼間は岩陰や穴の中に隠れて、夜になると餌を探して活動します。
肉食で、貝やウニを殻ごと噛み砕いて食べるほどの強靭なアゴをもつのも特徴です。

 

近年のいせえび事情

水揚げされたいせえび

いせえびは、主に太平洋側の関東から西のエリアで多く漁獲されており、宮崎県全体での収穫量は年間57トンで、これは全国7位、九州では長崎県に続いて2位となります(平成29年度宮崎県水産白書)。
宮崎市漁業協同組合(青島・内海)によると、平成21年に約28トンあった漁獲量が、平成29年には約15トンと約半分に減少するなど資源状況は厳しい状態が続いているようです。
漁獲量の減少に伴い、価格も以前より上がっている模様。

また、いせえびは「磯建網(いそたてあみ)」という漁具を用いて獲りますが、いせえびは見た目の良さが重要になるため、1匹1匹全て手作業で網から外します。これだけでも大変な作業ですが、網を上げた際に海中のゴミも一緒に引き上げてしまうこともあって、漁師の皆さんを悩ませているそうです。

 

いせえびの旬っていつ?

市場でのいせえび

いせえびは、年間通して漁が行われているわけではありません。日本ではいせえびの数を維持するため、繁殖期と産卵期の間である5月~8月の間は漁が禁止されているのです。
このため9月になると、「いせえび漁解禁」が季節の話題として、毎年県内のニュースでも取り上げられていますね。

ところで、いせえびの旬っていつでしょう?
答えは9月~1月頃
この時期は、いせえびが次の繁殖に向けて体内に栄養を蓄えるため、脂がのって味も濃く、より美味しくなるそうです。
漁が解禁される9月が近づくとそわそわしてくるのは、私だけでしょうか??

 

いせえびの美味しい食べ方

いせえびの刺身

いせえびの調理法は、刺身、蒸し(ボイル)、焼き(塩焼き・マヨネーズ焼き)など様々ですが、ぷりっぷりの食感とうま味や甘みの凝縮された身が味わえる刺身が一番人気ですね。
さこっちも、半透明に輝く刺身を食べたら、ほっぺたが落ちてしまいます。

いせえび定食

宮崎では、まず胴の部分を刺身で食べて、残った頭の部分や殻で出汁を取り味噌汁にするのが一般的ですが、全国にはカルパッチョ、天ぷら、アヒージョなどで食べられるお店もあるようです。
あなた好みの食べ方はどれですか?

 

みんな待ち遠しい「いせえび祭り」

いせえび祭りの模様

毎年9月の解禁を待って、県内各地で「いせえび祭り」が開催されます。中でも大変な人出で賑わうのが「青島漁港いせえび祭り」と「内海港いせえび祭り」。

昨年は、先着500名のいせえびの味噌汁ふるまいに、早朝から大勢の方が並ぶほどの大人気で、整理券を配り終えた後も溢れた方々が200名ほどいたとか(溢れた方も1杯500円で味わうことができたようですが)。

味噌汁のふるまい

また、マグロの解体ショーや青島どれのハモの身を使った「ハモちゃんバーガー」早食い選手権、いせえびなどが当たるお楽しみ抽選会など、海の幸満載の楽しめるイベントとなっています。
さらに漁港の直売所では、キロあたり600円ほど(昨年価格)で安く買えるとあって、自宅用や贈答用にと行列を作って購入されていました。

県内では、ほかにも延岡市と大分県佐伯市を結ぶ「東九州伊勢えび海道」や日南市内の各店舗が取り組む「日南海岸伊勢えびまつり」など、いせえび関連の催しが毎年たくさんあります。北から南まで、いせえび求めてはしご旅というのも面白そうですね。

 

テゲツー! 読者プレゼント

いせえび3匹

ここで読者の皆さんに、宮崎市森林水産課さんのご協力のもと、獲れたてで新鮮な魚料理を手ごろな値段で提供している宮崎市漁協直営のレストラン「港あおしま」から、素敵なプレゼントをいただきました!
青島どれのいせえびを、なんと1キロ分! それも3名の方にプレゼント(ただし、宮崎市青島3丁目の宮崎市漁業協同組合に直接取りに来れる方限定)です!!

お申し込みは、9月7日(金)までに宮崎市森林水産課が用意した専用フォームに必要事項を入力してご応募ください。
応募フォーム:http://www.city.miyazaki.miyazaki.jp/form/iseebi

 
~参考情報~
【港あおしま】
住所:宮崎市青島3丁目5-1 → マップ
営業時間:11:00~14:30
定休日:月曜日(祝日の場合翌日)
看板メニュー:港あおしま定食(いせえび味噌汁付)、刺身定食など
※解禁後のいせえびは、9月4日(火)から提供開始予定

【内海港いせえび祭り】
日時:9月9日(日) 8:30~13:30(いせえび味噌汁のふるまい整理券配布は8:00から)
場所:宮崎市漁業協同組合内海支所 (宮崎市大字内海1064-1) → マップ

【青島漁港いせえび祭り】
日時:9月22日(土) 8:30~13:30(いせえび味噌汁のふるまい整理券配布は8:00から)
場所:宮崎市漁業協同組合青島本所 (宮崎市大字青島3丁目5-1) → マップ

 

さこっちプロフィール寄稿者:さこっち

宮崎の音楽・食・人が大好き。
ピーマン、キュウリ、タマネギなど、宮崎特産の野菜が苦手という斜め上をいくライター。
現在は、宮崎の魅力を発信し、他県から移住してもらえるよう取り組んでいる。


投稿者 宮崎てげてげ通信ライター

宮崎てげてげ通信ライター
宮崎県内の地元の人だからこそ知っているおすすめの「グルメ」「観光」情報を軸に、地域の安全安心につながる情報の提供にも取り組んでいきます。 人気記事ランキング
Translate »