【開店】お客様が元気になれる場所を目指して-日本酒バー「糀素弓」/宮崎市


 

「糀素弓」外観

時々、趣味と実益を兼ねて宮崎酒場放浪記を独自開催しているDiceです。

宮崎市の夜の繁華街ニシタチの中央通りを、一番街との交差点から更に北へ、人情横丁の入口を過ぎた少し先、「マルショク」の手前の左側に、吉野第11ビルというテナントビルがつい最近完成しました。

その1階の一角に、気になるお店ができていましたので、早速お邪魔してきました。

「糀素弓」看板

お店の名前は、「糀素弓」と書いて「はなそゆみ」と読みます。

店名に「糀(こうじ)」の文字が入り、看板の横に杉玉が飾られているところを見ると、日本酒に関連するお店のようですね。

 

カウンターだけの落ち着いた店内

「糀素弓」内部

引き戸を開けて中に入ると、白と焦げ茶色のツートーンでまとめられた店内に、明るい木製のカウンターが奥まで曲がりながら続き、椅子が11脚並んでいます。

開店したばかりということで、お祝いの花があちこちに飾られていて、少し華やいだ雰囲気になっていますが、これが無ければシックで落ち着いた感じです。

日本酒専用冷蔵庫

カウンターの奥には、日本酒専用の冷蔵庫が鎮座して、一升瓶が15本以上並んでいます。

そう、ここは、12月13日(木)にオープンした「日本酒バー」なのです。

 

1杯500円の日本酒バー「糀素弓」

日本酒メニュー

カウンターに置かれたメニューを拝見すると、右端の久保田3種類きき酒セット以外は、8種類1杯500円のワンコインメニュー。

メニューの内容は試行錯誤中のようですが、いくつか固定して、後は飲みきりで入れ替わっていくようですので、その時々の旬な日本酒が愉しめます。

風和

ということで、新潟県は佐渡島の(有)加藤酒造店「金鶴 純米 風和(かぜやわらか)」をいただいてみました。

下の受け皿に溢れるまで、なみなみとグラスに満たされて出てきた冷酒は、その名のとおりやわらかですっきりとした飲み口で、後から米の風味がほのかにただよってきます。

お通し

お通しは、その日の仕込みによって変わりますが、この日は、厚揚げの味噌漬け、いかの塩辛、いかの大根巻きの3種。

ちびちび飲むには良いアテですね。

フードメニュー

ちょっとしっかり食べたい方には、フードメニューもあります。

女将一人で切り盛りしているので、お客さんが多いと時間がかかる場合もありますが、そこは気長にお待ちください。

甘酒、カクテルメニュー

ドリンクメニューには、甘酒や、日本酒を使ったカクテルなんかもあります。

こちらも全て1杯500円。勘定しやすくていいですね。

 

美人女将の黒木素弓さん

黒木素弓さん

店主は、『居心地屋やまぢ』の女将をされていた黒木素弓さん。

県内の蔵元を招いた「本格焼酎ドット恋」のイベントを全34回に渡って開催されるなど、焼酎への造詣も深かったのですが、それがなぜ日本酒バーを?と伺ったところ、

「以前から、小さな店を一人でやってみたいと思っていたのですが、とある方から『眠っている日本酒専用の冷蔵庫を活用して日本酒バーをやる人を探している。』と言われて、『それじゃ私が!』と手をあげたんです。」とのこと。

参考記事:
蔵の歴史にも働く男達にもストーリー満載の飫肥の小蔵-本格焼酎ドット恋Vol.6:小玉醸造編

焼酎一筋に革新を続ける黒木本店の芋焼酎を満喫 - 本格焼酎ドット恋Vol.18

日本酒については、まだまだ勉強の途中という黒木さんですが、
「ここへ来たら、お客様が元気になれるような場所を目指していきたいです。」と笑顔でお話されていました。

初孫

読書普及協会の会員で読書家でもあり、最近は水彩画にもチャレンジしている素弓女将、フードアナリストでもあるので、いろいろと話題も豊富です。

女将との会話を楽しみながら、純米酒を中心とした美味しい日本酒をいただく、そんなお店になりそうです。

ニシタチのパワースポットと呼ばれるようになるのも、そう遠くはないかな!?

 

【糀素弓(はなそゆみ)】
住所:宮崎市中央通6-24 吉野第11ビル103号 → マップ
電話:080-1721-3184
営業時間:18:00~23:00L.O.
定休日:当面不定休


投稿者 Dice

Dice
自転車乗りの図書館屋。趣味は料理だが、単身赴任中なので、その腕を振るうのは自分のためだけというのがちと哀しい。 2016年から、フードアナリストとしても活動。 てげつーのアドバイザーで後見人的な人。週末に頑張って書く記事は、玄人受けで、ファンが多い。 下のガンジスカレーの記事は、佐々木俊尚さんとか著名人にもシェアされたりしている。 人気記事:宮崎空港ではガンジスカレーを食すべし!
Translate »