宮崎ブーゲンビリア空港に大根やぐらが出現!!


宮崎ブーゲンビリア空港の大根やぐら

千葉県から単身赴任中で、月イチ空港利用者のDiceです。
今日も週末家に帰ろうと宮崎ブーゲンビリア空港に行ったら、1階のオアシス広場に、宮崎の冬の風物詩のひとつ「大根やぐら」が出現しているではありませんか。

 

日本農業遺産を目指して

オアシス広場全景

2階から見ると、全体はこんな感じです。
エレベーターの増設工事中のため、まだ白いボックスに囲われた部分が目立ちますが、その壁面を使って、畑の中に立つ大根やぐらの大きな写真と、「大根やぐら展」の看板が掲示されています。

大根やぐら展看板

この「大根やぐら展」、「日本一の干し大根と大根やぐら日本農業遺産推進協議会」が、生産量日本一を誇る干し大根と田野・清武地域の冬の風景を飾る大根やぐらの日本農業遺産認定と、地域の農業の振興や活性化を目指す活動の一環として開催しているもので、1月18日(金)から27日(日)まで、毎日9時~19時の開催となっています。

下段には本物の干し大根も

高さ約5m、5段のやぐらにかけられている大根のほとんどはレプリカですが、最下段だけは本物の干し大根がかけられていました。
この大根、我々がスーパーの青果コーナーで手にする青首大根とは違って、長くて首のところが白くて細くなっている白首大根の一種で、漬け物用に改良された「日向理想」という品種です。

 

写真展「大根百景」

山本謙治さんの写真

会場では、大根やぐらの展示のほかに、「大根百景」と題する、大根やぐらをモチーフとした写真の展示も行われています。

山本謙治さん

撮影されたのはこの方。
農産物流通コンサルタント、農と食のジャーナリストとして活躍されている、“やまけん”こと山元謙治さん。
ここ数年、毎年やぐらの立つ季節になると宮崎の大根畑に通って、その写真を撮り続けられています。

山本謙治さん撮影の写真

様々な時間、アングルから切り取られた、大根やぐらや干された大根の美しい写真達。
日頃なかなか見られない風景もあって、一見の価値がある写真展になっています。

会場では、田野・清武地区の特産品の展示や販売も行われていますので、期間中、是非、宮崎ブーゲンビリア空港までお出かけください。


投稿者 Dice

Dice
自転車乗りの図書館屋。趣味は料理だが、単身赴任中なので、その腕を振るうのは自分のためだけというのがちと哀しい。 2016年から、フードアナリストとしても活動。 てげつーのアドバイザーで後見人的な人。週末に頑張って書く記事は、玄人受けで、ファンが多い。 下のガンジスカレーの記事は、佐々木俊尚さんとか著名人にもシェアされたりしている。 人気記事:宮崎空港ではガンジスカレーを食すべし!
Translate »