【開店】新しいカフェと食スタイルの提案を - STAND STESSA & HIRAKI

そしてランチは、レストラン「HIRAKI」へ

HIRAKI内部

そうこうしているうちにお昼時になったので、お隣のレストラン「HIRAKI」へ。
「HIRAKI」のランチ(3,500円)は予約制で、現在のところランチは2日前の予約で4名から受けているそうです(夜のディナー(7,000円)は、1人からでもOKとのこと)。

今回、友人たちを誘って予約してから行きましたよーー。

 

お昼からワインを

ワイン

まずは、飲み物から。
ノンアルの友人たちを横目に、わたくしめはロゼワインを。
「HIRAKI」ではロゼワインを推しているそうで、かなり多くのロゼの種類がありました。
白ワインもいいけど、ロゼってなんだかオシャレでいい感じですね♪

それでは、お昼のフルコースのスタートです。

 

アミューズ

アミューズ

この日のアミューズは、スッポンのスープと菜の花の利久餡(りきゅうあん)。

お昼にスッポンのスープなんて、贅沢です♪
うーーん滋味深い。。。

 

サラダ

サラダ

前菜として運ばれてきたサラダは、色とりどりのお野菜と蒸し鶏。
ソースが3種類添えられていて、右からチーズ、新生姜、カツオの酒盗のソース。

色々な味が楽しめまました。個人的には酒盗のソースが好みでした!

 

お刺身

お刺身

続いては、お刺身。
この日は、ブリとヒラメとホタテで、ホタテの上にはふわふわに削られたチーズがかかっていて、別に春菊のソースが添えられてました。

 

お魚料理

魚料理

魚料理で運ばれてきたのは、「さごしのカチン蒸し」。
カチン蒸しとは、お餅を乗せた蒸し物のことらしいです。
非常に上品なお味でした~。

 

メインのお肉料理

肉料理

そしてメインとなる肉料理は、「おいも豚肩ロースのロースト、黄色人参と新玉ねぎのソース」。

綺麗なピンク色のおいも豚の、しつこくない脂身とソースがマッチして、実に美味しい!
次、赤ワイン!と行きたかったけど、取材なのでちょっと我慢しました(笑)。

 

デザート

デザート

最後のデザートは、ガトーショコラ。
小麦粉を使わず、チョコレートと卵のみで仕上げてあって濃厚~。
上には金柑のグミと、クレソンのメレンゲが乗せられていて、非常に手が込んでます。

食器

ドリンクや料理の食器には、バカラや100年もののアンティーク、作家ものの器などが使われており、贅沢な気分をよりいっそう盛り上げてくれます。

 

福永崇志シェフ

福永崇志シェフ

コース料理は、シェフの福永崇志さんが、その日その日に入手できる食材からメニューを組み立てるとのことで、毎回違ったメニューが楽しめそうですね。

ランチは予約制で4人からとのことですが、夜は1人、2人でもお食事可能なので、デートにもピッタリなんじゃないでしょうか♪
大切な人と訪れてみたい空間ですよ♥

 

【STAND STESSA】
住所:宮崎市橘通東3-4-23 → マップ
営業時間:9:00~23:00(L.O. 22:00)
定休日:毎週月曜日、第1・3火曜日
設備:無料WiFi有
Facebook: https://www.facebook.com/Standstessa-2092424761069708/

【HIRAKI】
電話 0985-33-9400(予約兼用)
営業時間:11:30~15:00、18:00~23:00(L.O. 22:00)
定休日:毎週月曜日、第1・3火曜日
座席:14席

 

marikotakeshita寄稿者:竹下末利子

至福の時間は、昼からのお酒。宮崎に限らず、全国、色んな国の色んな酒場を放浪中。
趣味は、神社参拝。
フラワーデザイナーコスメプロデューサー、美容家など色々なお仕事をしていますが、『遊びが仕事、仕事が遊び』が信条。

投稿者 宮崎てげてげ通信ライター(寄稿)

県内各地に散らばる寄稿者ようの統一アカウントです。 宮崎県内の地元の人だからこそ知っているおすすめの「グルメ」「観光」情報を軸に、地域の安全安心につながる情報の提供にも取り組んでいきます。