スイーツ好き必見!なんだかレトロでキュートなプリン屋さんがOPEN!- 南国プリン/宮崎市


IMG_2526

橘通り沿いに、プリン専門店が誕生しました!

可愛い女の子が印象的な「南国プリン」

オープンに先駆けて一足はやくお店をのぞかせていただいたので、詳細をレポートいたします。

可愛いスタッフさんが笑顔でお出迎え!

IMG_2573

なんと!今回の新店舗オープンにむけてスタッフ募集をしたところ、94名もの方の応募があったとのこと。

さすが、そんな激戦を勝ち抜いたスタッフさんは、笑顔が素敵です。

オープン前から少しずつ発信もしていた公式Instagramにもすでに、たくさんのいいね!がついていることからも、プリンの人気の高さと期待が伺えます。

南国プリンを満喫できる!南国セット

IMG_2525

左側から、宮崎の透き通った青空をイメージした「南国プリン」、宮崎の朝日をイメージした「南国マンゴープリン」、宮崎の真っ赤に輝く夕陽をイメージした「生いちごプリン」。

3種類がセットになった南国セットは、手土産にもぴったり。

色もカラフルでかわいい〜!

1階でプリンを購入して、2階のイートインスペースで食べることができます。

IMG_2523

階段をあがっていくと、、、

なんだここはーーーー!

めちゃめちゃ可愛いイートインスペース!

IMG_2531

こ、、、これは、写真とってインスタとかにあげたくなるやつやーーーーーーー!!

IMG_2543

試しにとろっとろのなめらかプリン「テゲセボン」を手にして撮影してみたら、なんかキラキラ女子がとりそうな写真になったぞ。(たぶん)

壁にもフラミンゴのイラストが。

IMG_2562

宮崎市フェニックス動物園のフラミンゴショーは、きっと宮崎県民だったら一度は見たことある懐かしの光景。。。

「そんなずっと愛される宮崎の名物にしたい」と、フラミンゴのキャラクターもいろんなところに登場しています。

まんまと撮ってしもたがな!

さぁ、実食してみましょーーーー!

まずは、鮮やかなブルーの南国プリンから。

3層になっていて、上から宮崎の入道雲を表現した生クリーム、ラムネ味の透き通るようなブルーのジュレ、そして最後になめらかプリン。

IMG_2528

これらを一緒にスプーンにのせて、ぱくりと一口。

とろりとしたなめらかで濃厚なプリンと、さっぱりしたラムネのジュレが相性抜群!

お、、、美味しい!

プリンに使用している牛乳は、契約農家の新富町にある松浦牧場の牛乳を、アリマン乳業にて低温殺菌ノンホモジナイズしているんだそう。

「暑い夏にも食べられるように」とさっぱりとしたプリンを目指してつくられたというだけあって、後味すっきり。

続いて、宮崎といったらやっぱりマンゴー!

unnamed

上品な味のマンゴージュレと果肉がどっさり入っていて、贅沢な逸品。

オール無添加なので、まったく重たくなくて、食べたあとのすっきり感が心地よい。

(ちなみに、わたしは取材で全種類食べちゃったけれど、胃もたれゼロ!驚)

季節限定の生いちごプリンは、まさに「生」いちごを使っているので、子供にも大人気。

IMG_2547

一緒に取材にいっていた娘(1歳)も夢中でたべていました(笑)

IMG_2552

子供から大人まで大人気のプリンに、宮崎らしさが加わって、宮崎の人はもちろん、観光のお客様にも喜ばれる商品ラインナップだなぁ。

「今までにない宮崎の新定番土産の開発をしていきたい」

IMG_2537

南国プリンを運営する株式会社南国CBFの代表取締役社長 河野当将さんは、

「昭和30年代後半から50年代初めにかけて、宮崎は新婚旅行のメッカとしてたくさんの若者が訪れました。
あの当時の輝きをプリンで表現して、あの頃の賑わいを再び宮崎に起こしたい!
地元への貢献を目指して、南国宮崎の魅力がつまったプリンを引き続き、開発していきたい」

と意気込みを語ってくださいました。

ななつ星トレインの朝食でも提供されているキャンベルアーリージュース!

IMG_2553

もうね、これは大人のぶどうジュースです。

ぶどうの濃厚な味わいを楽しめます。

パッケージもかわいくて、こんなジュースを片手に若草通りを散歩するのもいいなぁ。

宮崎の新名物となること間違いなし!の南国プリン。

3/28(木)にいよいよオープンです。

ぜひぜひみんなも遊びにいってみてねーーーー!

◆南国プリン
住所:宮崎市橘通東3-2-10
営業時間:10:00~19:00(月〜土曜日)、9:00~18:00(日・祝日)


投稿者 長友まさ美

長友まさ美
テゲツー!会長 。たくさんの人に、宮崎てげてげ通信の魅力を伝えるのが主な役割。人、旅、美味しいもの、楽しいことが大好き。宮崎の太陽。対話の場作りをとおして、未来への一歩を後押しする。
Translate »