【開店】美味しくヘルシーにボディメイクのできるCafe - Coco Bowls / 宮崎市

Coco Bowls ロゴ

低糖質ライフを目指すも、なかなかうまくいかないダイエッター・黒木ゆきです。

先日、「すべての人を食で自然体な自分へ導く」をビジョンに掲げた、体づくりができちゃうCafeがオープンしたと聞いたので、これはまさに天啓!と、潜入調査に行って参りました。

ところがこれがあまりにも好みのお店で、メニューを全制覇したくなってしまって何度も通う羽目になり、記事の仕上がりが遅れました…。反省しています。

でも、気を取り直して!

 

白基調のシンプルで清潔感のある店舗

CocoBowls外観

宮崎駅前から西に延びる高千穂通をカリーノ宮崎や中央郵便局、ライザップ、ローソンのある交差点から「あいあい通り」を100mほど南へ入った東側。
近くには、LE POTIRON(ポチロン)やgeeks(ギークス)といったイタリアンレストランがあります。

そこに、5月18日(土)に新規オープンしたシンプルな白い外観のお店が、今回ご紹介する「Coco Bowls」

Cocobowl内部

インテリアも白を基調として、アクセントに木がふんだんに使われ、清潔感のある落ち着いた雰囲気。
観葉植物も適度に配置されています。

通り側のカウンター

入ってすぐ右側、あいあい通りに面した窓際にはカウンター席が3席。
小上がりの座卓

左奥には靴を脱いでくつろげる小上がりがあり、ラグマットが敷かれ、2人用と4人用の座卓がそれぞれ2つずつ置かれていました。
子ども用の椅子やおもちゃ

小上がりの隅には、子ども用のイスやおもちゃ、絵本もありました。
こういう、「子連れでも大丈夫ですよ」っていう、さりげないメッセージが嬉しいですよね。

 

爽やかイケメンのオーナーはボディメイクの達人

オーナーの中森康成さん

Coco Bowlsのオーナーは、海と太陽の香りがしてきそうな、爽やかイケメン中森康成さん。

愛知県出身だそうですが、サーフィンをしながら世界を一周し、この地宮崎にIターン移住。

ボディメイクの実践者で、2018年のベストボディモデルジャパン西日本大会で4位に入賞したこともある実力の持ち主。顔は笑っていますが、身体は脱いだらバッキバッキで凄いんです!

パーソナルダイエットコーチとして個別指導などを行ってこられましたが、そこから一歩進んで、ボディメイクしていくに当たって感じていた「もっとこうあればいいのに」という思いを、飲食を通じて世の中に発信していきたいと、ボディメイクに役立つ飲食店を開業することにしたのだそうです。

クラウドファンディング

開業に当たっては、FAAVOでクラウドファンディングにも挑戦して、ファンと資金を集められました。
「宮崎発!体作りができるカフェで体型に悩む人がいない世の中を作りたい!」

これを読むと、中森さんの思いがよくわかります。

 

ナチュラル日向夏ウォーター

ウォータージャグ

ひととおり店内を見渡した後、カウンターの上のウォータージャグからセルフでコップに水を注ぎ、席についてゆっくりお水を一口。

あれ、お水が美味しい…。爽やか。

そう言えば、ジャグのお水に何か入っていました。
黄色いアレは、
もしかして、、
これも宮崎の、、、
そう、日向夏です!

お水飲んで気分が上がったら、ランチをオーダーしましょう。

 

栄養バランスが良くて美味しいヘルシーメニュー

タイチキンボウル

「THAI CHICKEN BOWL〈タイチキンボウル〉」のドリンクセット(税込み1,280円)を注文しました。
宮崎県産鶏胸肉を使った「しっとりローストチキン」が宮崎県産ひのひかりの玄米の上に乗り、パクチーや季節の野菜が添えらています。
これで、タレを除いて総カロリー量は約378kcal、タンパク質31g、脂質3g、炭水化物53g(糖質52g)とのこと。

いただいてみると、鶏肉が美味しい!!
さらに、玄米が美味しい! 玄米ってこんなに美味しかったんですね!!

その他のメニューは、

ミヤザキボウル

宮崎県産玄米としっとりローストチキン、アボカド、温泉卵、季節の野菜を盛り合わせた「MIYAZAKI COCOBOWL (ミヤザキココボウル)」(単品980円(税込))。
総カロリー量は約525kcal、タンパク質39g、脂質15g、炭水化物55g(糖質53g)。

メキシカンボウル

宮崎県産玄米と季節の野菜の上に、宮崎県産鶏胸肉のスパーシーローストチキンを盛り、アボカドを使ったワカモーレ、トマトを使ったサルサソース、ヨーグルトソースをかけた、「MEXICAN COCOBOWL (メキシカンココボウル)」(単品1,180円(税込))
総カロリー量は約434kcal、タンパク質31g、脂質8g、炭水化物55g(糖質53g)。

インディアンボウル

宮崎県産玄米の上に、宮崎県産鶏肉のミンチを使ったオリジナルキーマーカレーをかけ、温泉卵、季節の野菜にヨーグルトソースを合わせた「Indian Cocobowl (インディアン ココボウル)」(単品1,180円(税込))。
総カロリー量は約447kcal、タンパク質33g、脂質9g、炭水化物53g(糖質52g)。

何度か通って、これらのメニューを全ていただいてみましたが、見た目もきれいだし、どれも美味しくて、しかも栄養バランスが取れているので、毎日通っても日替わりで食べても良いかなという気になりました。

テイクアウト

店で食べる時間が無い方や、家族にも食べさせたいという方は、専用容器でテイクアウトできるので、是非お試しください。

 

更に低糖質を目指すには

玄米をカリフラワーライスに変更

普通の食事では、タンパク質、脂質、糖質をバランス良く摂るのが好ましいのですが、ボディメイクの都合で糖質をガッツリ制限する必要のある人向けには、150円をプラスして、玄米をカリフラワーを刻んだ「カリフラワーライス」に変更することができるそうです。

そこまでストイックにはなれそうにありませんが、短期集中でボディメイクする時は、お世話になろうかな。

 

14時からのスムージーボウル

アサイーボウル

14時からのカフェタイムには、デザート系のスムージーボウルが提供されます。

これは、ポリフェノールや鉄分をたっぷり含むアサイーをメインにしたスムージーに、ストロベリーやラズベリー、バナナ、ナッツなどをトッピングした「ACAI COCOBOWL(アサイーココボウル)」(880円(税込))。

ベリー系の酸味や甘みのハーモニー、ナッツのカリッとした食感のアクセントが嬉しくて楽しい一品です。

グリーンココボウル

こちらは、ウィートグラス(小麦若葉)、ほうれん草、ケールなどのグリーン系スムージーにバナナやベリー、ナッツ類をトッピングした「GREEN COCOBOWL(グリーンココボウル)」(880円(税込))。

青野菜のくせとかあるのかなというイメージでしたが、全然そんなことはなくて、自然な甘みも感じられて、美味しかったです。

 

肥満の多い宮崎人を救う店になるか!?

CocoBowls

少し前のテゲツー!に、宮崎は太っている人が多いという記事がありましたが、そんな宮崎人に朗報すぎる朗報といえる「Coco Bowls」の出店‼️

オシャレでインスタ映えするただのお店ではなく、宮崎県産の野菜を中心に新鮮で美味しい野菜を選ぶなど使用する食材にもこだわり、しかも身体作りができるCafe!
見た目も美しい食べ物を美味しくいただいて、体が喜ぶだけじゃなく、地産地消にも貢献できてしまいます。
街中に、こんなお店ができるのを心待ちにしていました。

この店をきっかけに、宮崎人のBMI値平均が下がっていきますように!!

 

【Coco Bowls ココボウル】
住所:宮崎市広島1丁目4-4 鶴岡ビル1階 → マップ
電話:0985-75-0200
営業時間:11:00-19:00
Webサイト:https://cocobowls.jp/

 

P.S. スタッフ募集中です

スタッフ募集中

「Coco Bowls」さん、現在、17時から22時までの時間帯で働けるアルバイトスタッフを絶賛募集中とのこと。
まかない付きで、ボディメイクも教えてもらえるみたいなので、興味ある方は是非!!

 

黒木ゆきプロフィール寄稿者:黒木ゆき

宮崎の太陽、空、海、花、神社を愛しすぎて、東京からUターン。
宮崎の魅力的な人、景色、農作物、畜産物、お店、活動などをより多くの方に伝えたい。
尊敬する人は、岩切章太郎翁。

投稿者 宮崎てげてげ通信ライター(寄稿)

県内各地に散らばる寄稿者ようの統一アカウントです。 宮崎県内の地元の人だからこそ知っているおすすめの「グルメ」「観光」情報を軸に、地域の安全安心につながる情報の提供にも取り組んでいきます。