スイートピーをもっと永く楽しんでもらいたい!「日南ドライスイートピー」


IMG-3498のコピー

見て!

これ!

すっぴんの私の顔じゃなくて、手元にあるお花!!!

なんと、これ、スイートピーのドライフラワーなんです!!!

宮交シティにオープンした「TSUTAYA BOOKSTORE」で、開店初日からポップアップストアで出展していた「たかはしスイートピー園芸」の高橋さんご夫妻が、とっても素敵だったのでお話をきかせていただきました。

スイートピー農家だからこそつくれる!「日南ドライスイートピー」

IMG-3535

スイートピーの収穫時期は、11月中旬から3月まで。

「このスイートピーをもっと永く楽しんでもらえるには?」と試行錯誤してうまれたのが、この日南ドライスイートピーでした。

収穫したての新鮮なスイートピーを薪ストーブで、鮮度をそのままにドライアップしています。

だからドライフラワーでも、こんなに色鮮やかなんだなぁ。

実は、日南市はスイートピー生産量日本一!!

65313860_649531685560496_2743921783550771200_n

全国に流通しているスイートピーの50%以上が宮崎県産だというから驚きです。

日南からは、毎年約900万本を全国に向けて出荷しています。

ひょえー!

生花を乾燥させると小さくなるので、この花束サイズが一握りになってしまうのです。

、、、ということは、ドライフラワーで花束つくるって、、、相当、すごいことじゃない?!

IMG-3536

こんなもりもりと日南ドライスイートピーで花束をつくれるのは、まさに生産者だからこそなせる業。

しかも、2Lの立派なサイズのスイートピーをドライフラワーに使用しているんだとか。

贅沢〜〜!!

「11年前に移住して、スイートピー農家になりました」

IMG-3534

たかはしスイートピー園芸の代表 高橋悟さん。

「農業をやりたいと思って、新規就農をしました。
スイートピーは苺など広大な敷地を必要としない、集約農業で、面積が狭くても収量があるんです。新規就農者におすすめなんですよ。」

と話す高橋さん。

ご自身のことを、「まだまだスイートピーの生産者としては、ひよっこ。大先輩がたくさんいる」とおっしゃいますが、品評会で2年連続受賞するほどの腕前です。

贈り物にもおすすめ!「ボトルドライスイートピー」

IMG-3474

日南ドライスイートピーを一本、一本ボトルに手作業で詰めているので、ちょっとずつ色合いが違っていて面白い!

黄色とオレンジ以外は、スイートピー本来の色です。

なんと!この「ボトルドライスイートピー」の手作り体験ができるよ〜〜!!

IMG-3479

楽しそう!!

やってみたい!!!

IMG-3482

というわけで、高橋三佳子さんに手とり足とり教えていただきました。

不器用な私でもつくれるかな〜〜

自分だけの「ボトルドライスイートピー」づくり

IMG-3480

5色の日南ドライスイートピーから、好きな4本を選んでつくります。

まずは、下に乾燥させたスイートピーの葉っぱをいれます。

青色のドライフラワーは希少価値が高いときいて、これをメインにもってくる感じでつくることにしました。

(限定とか、希少価値が高いとか弱いww)

IMG-3487

ピンセットをつかって、丁寧に入れていくよ〜。

長さを調整したり、全体のバランスを見ながらいれていって、

さいごにぎゅっ!とコルクをはめたら、、、

IMG-3493

完成〜〜〜!!!

IMG-3495

これ、子どもと一緒にやっても絶対楽しいとおもう〜!

世界に一つしかない、私だけの「ボトルドライスイートピー」なんて嬉しいな。

我が家に飾るのが楽しみ!

IMG-3531

こうしたワークショップ形式で作ることができるのは、ポップアップストアで展示してる時ならでは。

今回の「TSUTAYA BOOKSTORE 宮交シティ店」では、6/30(日)まで実施しています。

ぜひぜひ、あなたもオリジナルのボトルドライスイートピーをつくってみてね!

IMG-3476

高橋悟さん、三佳子さん、ありがとうございましたー!

二人三脚で頑張ってるお二人の姿がまぶしかったですーーーー。(うらやましすぎ)

◆たかはしスイートピー園芸
住所:日南市北郷町北河内3843-3
Facebookページ:たかはしスイートピー園芸


投稿者 長友まさ美

長友まさ美
テゲツー!会長 。たくさんの人に、宮崎てげてげ通信の魅力を伝えるのが主な役割。人、旅、美味しいもの、楽しいことが大好き。宮崎の太陽。対話の場作りをとおして、未来への一歩を後押しする。
Translate »