【開店】光あふれる爽やかな空間で楽しむ食事とスイーツ - nesso dining cafe & bar / 宮崎市


nesso外観

こんにちは! お酒も好きだけど、それと同じくらい甘いものに目が無い竹下です。

以前、こーへい君が、宮崎に夜カフェ文化を広めた人気店nessoの閉店の記事を書いてくれていましたが、
「宮崎に夜カフェ文化を広めた人気店。その閉店のワケとは?-nesso/宮崎市」
そのnessoが、6月26日から一ッ葉にて第二章をスタートしたとの情報を入手したので、早速行ってまいりました!

 

目を引く特徴的な外観

和テイストの入口

こちらは以前、和食屋さんだった場所をリノベーションしているので、往時の名残が残っていて、入り口にはちょっと和の雰囲気があります。
そこがまた、良い雰囲気を醸し出していますね。

 

明るく開放的な空間

nesso内部

店内に入ると、中庭をぐるりと取り囲むように部屋が配置され、真っ白な壁に明るい茶色の木のフローリングと、木製の机や椅子などの調度品が印象的。

中庭からの光が大きなガラス張りの開口から室内に誘導され、開放的でいて気持ちよく落ち着く空間になっています。
オシャレ!

 

個室もあります

畳敷きの個室

開放的な空間のほかに、個室も2室用意されています。

ひとつは、畳敷きで6人用の座卓が置かれた和室。
地窓から和テイストの坪庭を覗くことができて、落ち着いた雰囲気です。

テーブル席の個室

もう一つは、長椅子のあるテーブル席が2つ置かれた洋室。
白いスクリーンで分けられていますが、もちろん一体として使うことも可能。

どちらの個室も予約できるそうですので、小さいお子様がいるママ会などにも喜ばれそうですね。

 

カフェメニューをいただいてみました

カフェメニュー

初訪問を前にチェックしていたFacebookページで見かけて気になっていた、「ふわふわスフレパンケーキ」を注文してみました。

パンケーキなどのスイーツは、カフェタイムの13時からの提供となっているそうです。

抹茶ラテ

ドリンクは、「抹茶ラテ」をオーダーしたのですが、お抹茶椀で出てきました。

女の子が描かれたラテアートが可愛くて、女心をグっと掴まれました♪

スフレパンケーキ

注文から20分ほど待つと、、運ばれてきましたーーー!!
「ふわふわスフレパンケーキ」

ひゃー♪ 見るからにふわっふわ!プルプルと揺れています。

は、早く食べなきゃ 汗 汗と、シャッターを切る時間も惜しく感じます(笑)。

店内が白い壁で光が綺麗に回ってるので、写真が映えるーーー♪
店内のあちこちからシャッター音が聞こえるのもうなずけますね。

焦る心を静めつつ、ひと口パクリ。
んーーー!
ふわシュワっと口の中で消えていく軽やかさがたまりません。

甘さは控えめなので、生地の美味しさをまず味わって、それからシロップをかけて楽しむのが良いかも。あと一皿はいけそうでした(笑)。

そして、ランチを食べに別の日に再訪。

 

ランチメニューは3種類

ランチメニュー

ランチメニューは、メインの皿をお魚、お肉、パスタの3種類から選ぶようになっています。
お肉コースは更に鶏・豚・牛が選べ、パスタコースでは10種類の中からセレクトと、充実したラインナップです。

私は、「牛セセリステーキ」にプラス300円でスープとデザート、ドリンクが付くセットにしました。
やっぱりデザートはマストよね。

サラダとスープ

まず出てきたのが、スープとサラダ。

器が素敵♪
店内の内装と同じように、木とガラスの器に、トレイに店名の焼き印が入ってるあたりがオシャレだな~。

この日は、野菜を細かく刻んだチョップドサラダ。スープは冷製のコーンスープでした。
暑い日だったので、冷たくて美味しかったです。

牛せせりステーキ

そして、ジューーーっと音を立てながら運ばれてきましたよ、私のお肉~♪。
ひと口大にカットされ、軽くレア状態に焼かれた牛セセリ肉。
削られたパルメジャーノチーズがかかってます。

石焼き

もちろんこのまま食べてもいいのですが、もう少し焼いたほうが好きという方は、このように添えてある熱々の石の上に乗せて焼くことができるんです。
これ、良いアイデア!!

ジューーっと自分が好きな具合に焼いて、添えられたステーキソースをかけていただきます。

パクリ。
うん!赤身のしっかりとした肉感ながら、歯切れも良く、お肉を食べてるぞ感がする!

量も女性なら充分じゃないでしょうか~。

デザート

ステーキを食べ終えたら、デザートとドリンクが運ばれてきました。

この、ミニケーキの盛られた高台の透明な器、可愛い!

 

充実のディナーメニュー

ディナーメニュー

そしてこちらのお店では、この一ッ葉エリアでは珍しく、充実したディナーメニューが用意されています。

このお店の雰囲気だと、ディナーはもちろん、結婚式の二次会やパーティーにもいい感じですね。

 

ドリンクはテイクアウト可能

ドリンクのテイクアウトボトル

ドリンクは、テイクアウトも可能だそうです。
こんな可愛いボトルに入れていただいて、テイクアウトできますよ~。

カフェラテや紅茶はもちろん、この時期は手作りのソーダもおススメとのこと。
こちらは日南レモンのソーダ。
さっぱりして、シュワシュワ元気になる味でした.

 

最後までかわいい演出

会計用の鍵

注文したものがひととおり出終わったた後、スタッフの方がテーブルにそっとこちらを置かれました。
これ、お会計の札なんだって!
かーわーいーいーー♪
何から何まで女心をくすぐる演出ですね~。

 

繋がりを大事にするオーナー 熊瀬川建次さん

熊瀬川さんと田實さん

オーナーの熊瀬川建次さん(写真左)と、スタッフの田實(たじつ)憲太郎さん(写真右)。

オーナーの熊瀬川さんは、綾町にある「nicol」を経営をされていたほか、一番街にてカフェバー「noice」も手掛けていらっしゃいますが、こちらの一ッ葉の新しい店舗では、店名にもなっている「nesso=繋がり」を大切にしたいと、これまでの知識や経験を生かして、オーナー自ら現場に立つことを決断されたのだそうです。

こだわりの店内や、器、メニューと、昼に夜にと一ッ葉エリアの新たなデートスポットにもなりそうな予感。
ぜひ、足を運んでみられてはいかがでしょう♪

 
【nesso dining cafe & bar】
住所:宮崎市新別府町前浜1401‐34 → マップ
電話:0985‐88‐2366
営業時間
ランチ:11:00~14:00(L.O. 13:30)
カフェ:13:00~16:00(L.O. 15:30)
ディナー:18:00~22:00(L.O. 21:30)
金・土・祝前日~23:00(L.O. 22:30)
定休日:木曜日
MAPCODE 66 325 581*85

 

marikotakeshita寄稿者:竹下末利子

至福の時間は、昼からのお酒。宮崎に限らず、全国、色んな国の色んな酒場を放浪中。
趣味は、神社参拝。
フラワーデザイナーコスメプロデューサー、美容家など色々なお仕事をしていますが、『遊びが仕事、仕事が遊び』が信条。


投稿者 宮崎てげてげ通信ライター

宮崎てげてげ通信ライター
宮崎県内の地元の人だからこそ知っているおすすめの「グルメ」「観光」情報を軸に、地域の安全安心につながる情報の提供にも取り組んでいきます。 人気記事ランキング
Translate »