日本の音風景100選に選ばれた、えびの高原の春夏秋冬

522

宮崎で季節の移ろいを楽しめる場所といえば、えびの高原。

春には、白い花が咲き、夏には、ミヤマキリシマ、秋には、ススキの穂が出そろい、紅葉がはじまります。

冬は、南国とはおもえない積雪があり、スケートもできる。訪れる季節によって表情を変えるえびの高原を紹介します。

天然記念物の花が咲き乱れる「えびの高原の春」

527

えびの市の南にひろがるえびの高原。

世界中でここだけに自生する天然記念物「ノカイドウ」が初夏にかけて見られます。

「ノカイドウ」は、白いはなびらに赤い斑点のあるバラ科の植物で、つぼみは赤く、ひらくと白い、幻想的な花です。

えびの高原キャンプ場付近を散策すると簡単にみつけられます。

また、キャンプ場付近は、うぐいすが多く間近で鳴き声をきくことができます。

また、霧島連山で春を告げる花としてしられる「満作」も早春には見ごろをむかえます。

黄色いリボンのような満作の花。葉がでる前に花が咲くのもこの植物の特徴です。

えびの高原キャンプ村

キャンプ初心者におすすめの「ケビン」は家族連れに人気があります。

また、テントを張って本格的にキャンプを楽しむフリーテントエリアや木製デッキエリアなどがあります。

野外テーブル、屋外ステージもあります。

トイレや簡易水道、かまどなどの炊事場も設置。

飲料や調味料、副食物も販売しているので、買い忘れがあった場合も安心です。

また、長期滞在する人向けに、コインランドリーもあります。

【えびの高原キャンプ村】
ケビン5人用/1泊 大人1650円 子ども1030円
持ち込みテント 1人用 一張りで 850円
テント、毛布、電気こたつ、鍋、釜の貸し出しあり。

坂本龍馬も絶賛「えびの高原の夏」

519

平均気温20度と過ごしやすいえびの高原は、キャンプやハイキングを楽しむのにピッタリです。

5月から6月上旬ごろは、ミヤマキリシマが咲き乱れ、光の反射により不動池の水は、コバルトブルーに輝きます。

ミヤマキリシマは、九州各地の高山に生息するツツジの1種。

つつじヶ丘では、約3万株のミヤマキリシマが薄紅色、薄桃色、薄紫色の花を咲かせます。

かつて、坂本龍馬が新婚旅行で訪れた際、「きり島つゝじが一面にはへて実つくり立し如くきれいなり」と書き、姉に送ったとされています。

えびのエコミュージアムセンターでひとやすみ

えびのエコミュージアムセンターは、えびの高原の豊かな自然や見どころを映像で紹介する自然博物館。

池めぐりやハイキングなどの情報もチェックできます。

【えびのエコミュージアムセンター】
住所:えびの市末永1495-5
電話:0984-33-3002
休館日:月曜日
入館料:無料

日本の音風景100選に選ばれし「えびの高原の秋」

518

10月上旬には、えびの高原のすすきヶ原にススキの穂が出揃います。

あたり一面をうめつくすすすきが高原の風に吹かれ揺れる様子は、幻想的です。

また、ナラ、ツタ、ナナカマド、などの紅葉を楽しめます。

えびの高原にある3つの大きな火口湖「六観音御池」「「白紫池」「不動池」を巡るトレッキングコースが人気で、目の前の紅葉と池にうつる紅葉の2つの景色が広がります。

また、エコミュージアムセンターとレストセンターの間をはいり、階段をしばらくのぼると、「えびの展望台」があります。

ここからの眺めは、新しいえびの高原の魅力を感じさせます。

シカが生息するえびの高原。

秋に雄のシカが雌のシカを呼ぶ鳴き声は「日本の音風景100選」に選定されています。

レストセンターで登山弁当をテイクアウト

レストセンターでは、テイクアウト用のおにぎり弁当「登山弁当」をつくってもらえます。(前日までに予約が必要です。)

1階はお土産を販売する売店、2階はレストランで郷土料理をいただけます。

また、歩き疲れたら、隣接する「足湯」でほっこりするのもよし。

【えびの高原レストセンター】
住所:宮崎県えびの市末永1495
営業:売店8時~17時、レストラン10時~16時30分(LO)年中無休、登山用弁当420円~

温泉、スケートを楽しむ「えびの高原の冬」

531

えびの高原は、1月から2月下旬にかけ樹氷でうめつくされ、一面白銀の世界へと変わります。

そして、えびの高原アイススケート場もオープンします。

これは、えびの高原荘の隣にある屋外アイススケート場で、土・日や冬休み期間には、スケート教室も無料で開催されます。

雄大な韓国岳の雪化粧をバックに、開放感に浸りながらスケートができます。

アイススケートで汗を流した後は、えびの高原荘の天然温泉でゆったり。

すべて源泉かけながしの炭酸水素塩温泉です。露天風呂や家族風呂もあり、リラックスできます。

スポーツの後の温泉は最高!

【えびの高原屋外アイススケート場】
料金: 一般 大人1000円 中高校生 800円 小学生 600円
貸靴代: 1日600円 貸ソリ代 500円
営業時間: 9時~17時 ※天候により異なる

【えびの高原荘】 
住所: 宮崎県えびの市大字末永1489
電話番号: 0984-33-0161
温泉 :一般の入浴 11:30から20:00まで(受付:19:00まで)
    大人520円 子供300円 家族風呂貸切代 1,030円

えびの高原のなかで

訪れる季節によって、楽しみが変化する「えびの高原」それは決して作られたものではなく自然がもたらす変化です。

春には春の楽しみがあり、冬には冬の楽しみがある。

忘れていた自然の楽しみをもう一度、思い出させてくれる場所でもあります。

大切な人と一緒に。または、一人でゆったりと。

あなたの楽しみを見つけてみませんか?

参考にさせていただいた記事や引用画像
えびの高原キャンプ村
宮崎観光協会
えびの高原レストセンター|じゃらん
えびの高原|wikipedia

投稿者 宮崎地鶏

宮崎県のランキング 宮崎のお店では地鶏の炭火焼(もも焼き・むねみ焼き)大手羽(焼き・揚げ)の他にも鶏レバー、むね、ズリ、ささみのお刺身も味わえます!そして宮崎で絶対に食してもらいたい「せせり」もあります。