【テラスマイル】農業の未来をデザインする生駒祐一インタビュー


宮崎県のパートーナーPR記事


生駒祐一さんが、BlueHubでのIBM x Samuraiインキュベーション採択企業として、初代Winnerに輝きました!


生駒祐一さんの活動や挑戦についてはこちらの動画から

生駒祐一の顔

農業経営の課題解決に取り組むテラスマイル株式会社。
ITを駆使した分析を得意とし、数々の企業再生案件に携わってきました。
自ら「できない営業だった」と語る代表取締役の生駒祐一さんが、社長賞を受賞する事ができた秘訣は?
そして、数々の苦難をどう乗り越えたのか、伺いました。

移住を決めた「縁」と「運」

生駒祐一

私は、大学院卒業のタイミングで、

「あなたがやりたいことはなんですか?」

というメンターからの問に、「まちづくりがやりたい」という自分の内なる声に従い、伊豆市のインバウンド(外国人観光客誘致)のプロジェクトに関わるようになりました。

その後、集中して、まちづくりに取り組むため、妻の実家がある関係から、宮崎へ移住を決めました。

移住をしようと決めた理由は大きく二つ。「縁」と「運」です。

良いタイミングが重なり、主体的に、まちづくりを、農業から創造できる確信が持てたため、宮崎県に移住を決意しました。

産地の未来を創るコンサルタントです。

今のテラスマイルの活動は、3つあります。

1つ目は、経営をアドバイスする事アドバイザー。
2つ目は、企業のパートナーと知って一緒に事業を作っていくこと参入。
3つ目は、農業の未来をデザインすることです。

今、日本の農業は、大きく変わってきています。

変革期は、様々な摩擦が起きるためとても大変ではありますが、同時に新しい未来が作ることは、とてもエキサイティングな事でもあります。

テラスマイルは、顧客と向き合う事を大切にしています。

テラスマイルの顧客

大企業とテラスマイルが違うところは、売上があがる仕組みをつくるまで一緒に歩いていく事です。

コンサルティングをして終わりではなく、しっかりと向き合いながら、企業の成長のお手伝いします。

できない営業だった僕が、社長賞を受賞した秘訣

ぼくは、とにかくできない営業でした。
特にこれといって、突き抜けたスキルが会ったわけではないので、とにかく

人と向き合う事

を大切に仕事を続けました。

そうすると不思議と人の縁がひろがり、仕事が円滑にいくという経験をしました。

私は、その経験から、「時間を生み出す大切さ」を優先的に考えるようになり、人と向き合うと仕事がスムーズにいくことをしりました。

入社4年目が終わるとき、結果を残し、社長賞を受賞しました。

農業に課題意識を持っている方が、テラスマイルの顧客です。

テラスマイルの顧客

今、日本の農業は、変革の時期です。

大きな変革の流れを見ながら、リスクを背負って、市場に合わせて、変わっていこうと思っている人や企業と仕事がしたいと考えています。

生駒さんが、感動したお客様からのメッセージ

1,テラスマの成長が自分のように嬉しいよ
2,あなたでよかった。
3,宮崎に笑顔をつくろうよ

苦難を乗り越えた「がむしゃら」さ

生駒祐一の苦難

テラスマイルは、ベンチャー企業なので、日々困難に面しています。

他の会社に入って、再生案件を担当した時、自分の意志とは関係なく、地域の未来のために、なんとかしないといけないとう思いは、ぼくを強くしてくれました。

乗り越えられたのは、がむしゃらさです。

私は、担当した会社が、地域で生き残るために、あえて嫌われ者になりながらも、大義のために、働き続けました。
まさに、行動あるのみです。

私の夢は、まちづくりに携わり続ける事です。

将来的には、農業にこだわらず、様々な取り組みを行いながら、競争力の有る地域を創りたいと思っています

個性的な人達と一緒に、宮崎からイノベーションを起こしたい

宮崎 求人
人は、多少、個性があり、尖った方がいいと思っています。
私は、これまでいろんな仕事をやって来ました。

仕事は常に、真剣勝負ガチンコです。
本気で向き合い、一生懸命にテラスマイルのビジョンを実現してくれる、そんな人と一緒に仕事をしていきたいですね。

後は、利他の精神

その精神をもっている人であれば、どんな人でもウエルカムです。
宮崎県で農業の仕事に興味がある方は、お気軽にお問い合わせください。

一緒に宮崎の未来を創りましょう!

テラスマイル株式会社 – TERRACE MILE .INC
〒880-0805 宮崎市橘通東1丁目3-25 AGORA 502
TEL:0985-55-0379 FAX:0985-68-3759


投稿者 宮崎てげてげ通信ライター

宮崎てげてげ通信ライター
宮崎てげてげ通信の活動を通じて、人と人、内と外がつながる、人と企業が繋がる。そしてたくさんの笑顔が生まれることが私の夢です。 将来的には、宮崎県を愛する人が集まり、交流でき、そこから発信、創発が起きるような「てげてげ通信カフェ」ができれば嬉しいなと思っています。 2014年の人気記事をまとめ読み